恋は難しいので、恋をしない3D

今期(2018年4~6月クール)も、続々とアニメが最終回を迎えている。

今期は、恋愛ものが多様で、楽しめたと思う。

勝手なイメージかもしれないが、リアルガールとヲタ恋は、早々に主人公が付き合い始めて、交際中の話が展開するタイプの作品。「こいつ~(ハート)」 と思いながら見るのにはちょうどいいですね。

多田恋は、最終回に向けて切なさが高まってきました。古き良き恋愛ものという雰囲気です。

ちなみに、格別恋愛ものを見たくてこうなったわけではない。最近は、時間と気力と時間と体力と集中力と気力とレコーダーの残り容量が足りないので、視聴・録画を絞っていますが、上記3作品は縁があったので見ました。多田恋は油断して1話をぶっ飛ばしてしまったので、後でamazonプライムビデオを活用しました。

  • リアルガールは、神田沙也加が出てると聞いたので(えぞみち役)
  • 多田恋は、放送開始前に、アニゲーイレブンにヒロイン:テレサ役の石見舞菜香ちゃんがゲスト出演していて可愛かったのと、自分に影響を与えてきた下地紫野様がメインキャラ(アレク役)で出演することを知ったから
  • 万一駄作でもちゃんと見ることにしているノイタミナ枠であり、オープニングが非常に優れていたから

大概適当な理由である。もちろん、どれも原作を知らないし、読む気もない。

リアルガールは、実写映画化かつ2期決定。力を入れているコンテンツだ。ヒロイン五十嵐色葉が、俺が勝手に思っている芹澤優のイメージにぴったりで、ドハマり。俺すら疑問に思うレベルで「作画が崩壊している」という指摘がされた作品だが、そんなことがどうでもいいレベルで、セリコに首ったけ。2期も楽しみ。

多田恋は、大好きな声優である小澤亜李ちゃんがヒロインをやった超面白アニメ:月刊少女野崎くんのチームが担当していることを、最近になって知った。「主人公役、まーた中村悠一やな」と思ったとか思わなかったとかありましたが、野崎くんと同じスタッフ陣とすると、なぜか納得(苦笑)なお、多田恋には、ニャンコビックという猫が出てくるのだが、これがcv.亜李ちゃんなのだ。思い出しましたね、俺史上最高アニメランキング第3位グループの一角を担うふらいんぐうぃっちで、アルというハムスターをやっていましたね。マジで、亜李ちゃん x 小動物いいね~。

ヲタ恋は、オープニング主題歌であるsumikaの『フィクション』が、今期のアニソンで最高だった。

sumikaは、「君の膵臓をたべたい」のアニメ映画の主題歌も担当するそうで、引き続き注目だ。しかし、キミスイのそこはかとないイメージに対し、テレビCMで確認できる画の感じが、軽すぎる気がする。。俺の無知か、作品はそういう決めつけを打ち破ってくると思っておこう。
ヲタ恋は、とにかく主人公グループの会話が面白かった。適切なボケとツッコミの関係に、ヲタクという新しい軸がうまく混ざっていたと思う。A-1 Pictures制作も、作品に安定感をもたらしていた。同じクールにペルソナ5やってんだぜ?全然関係はないのだけれど、リアルガールが非難されてもしょうがないよな。
こちら、まだまだ映像化が続いてほしいと思わせる展開で終了している。終盤にこーくんという、引っ込み系のヲタクが現れた。男のように思われたが、女性であるようだ。友達になったなおちゃんに、自分が女性であることを言えてないままなのである。これ、なおちゃんとこーくん、付き合うまであるのではないか。こーくんから告白するパターンで…

こーくんの性別については、僕も直感的に疑問に思うところがあった。

女性でいてほしかったという願望が、ちょっと弱いな(爆)

俺は、公私ともにうまくいっていないので、せめて見ていたアニメのキャラクターには幸せになってほしいところです。多田君もな、幸せになってほしいんだけど…厳しそうだなぁ。最終回、応援している。

それでは。

あなたは権利の乱用者か

SNSの発達で、一般人が強い発信力を手に入れる可能性(バズる的なやつ)がある中、ものすごく気になっているというか、キライなことがある。テレビ画面を写真に撮り、アップロードしているやつだ。

嫌いだとは言っても、俺が世直しに頑張るつもりが(現時点で)ないため、通報等はしていない。

テレビ画面を写真に撮ってSNSに投稿している輩本人は、実際のところどんなことを考えているのか、まるでわからない。ただ、罪の意はなさそうに感じるのは、面白ネタを共有したいだけなモチベーションに見えるからだ。まぁ、普通に悪いことなので勘弁してほしい。やむを得ず目にしてしまうと、僕はいちいちイヤな気分になっているのである。

「おまえ神経質だな」とか「鬱じゃね?」とか言う人がいるかもしれない。肯定だ。

これ、闇が深いのが、テレビに出る側の芸能人でもやってるやつがいることだ。よっぽど美人でなければ、ファンを止めたくなるレベルだ。

この事象、最近起こったことでもないのだけれど、そのうち自分の考えをまとめたいと思っていた。そのきっかけをくれた(?)イベントがある。

多くは語らないが(語るけど)、4月にあるネットワーク業界のイベントがあった。僕は中継を見ていた。そこで、とある誰かのプレゼンテーションで、スライドほぼ全部に『凪のあすから』の画像が差し込まれていた。

プレゼンしてる人が凪あすを好きなのはわかったが、途切れることのない画像ぶっ込みに胸くそ悪くなって、中継を見るのを止めた。(もしくは、手元の仕事が忙しかった)

こういう権利ない者による乱用は、少なくないと感じる。プレゼンテーションに、某三国志の絵を使って喋らせるやつ、日経電子版の電車の中の広告みたいなやつで、権利関係をクリアしてないやつは、どうもいっぱいあるようだ。

凪あす事件(←今、俺が名付けた)については、当該イベントのアンケートで、いかがなものかという(ことを、もっとマイルドにした表現で)指摘があり、同じ疑問・憤りを持った人がいて、ちょっと嬉しかった。

佐藤秀峰氏の作品のように、適切な引用表示をすれば二次利用できるものがあり、ちゃんとやってる人の雑談を聞く機会が最近あって、そういうのもよかった。

そもそも、横山光輝の漫画:三国志にしても、元画像をどうやって持ってきているのか、こういう怪しいプレゼンテーションを作ったことがないので、見当がつかない。そうはいっても、自分で本からスキャンとかしてるとは、面倒すぎて思えない。もちろん、やってるなら問題だ。(実質)違法にアップロードされたものを使ってるようなケースが多いのだろう。Googleで画像検索すると、いっぱい出てくるし。悲しみは、連鎖する。

しかし、上記で述べたプレゼンや、SNSの投稿を初めて見た時には特に疑問に思わなかった。プレゼンは、下手したら笑ってしまった可能性すらある。でも、なんだろうな、ある時、やり過ぎたものを見たんだろうな…もちろん、程度問題ではないのだけれど。

それでは。