やみやみやみ

月に一度くらいはブログを書きたい。そう思っていたら、12月になってしまいました。

プロ野球の2017年シーズンはとっくに終わったし、横綱が一人引退した。結局今年は球場に行かなかったなぁ…ある程度前もって計画しておかないと、モチベーションが高まらないです(自分的には、チームが強い・弱いはあまり関係ない)。そして、相撲も見に行かなかったし(行こうと思ったことはないのだけれど…)。

最近は、冬から春に向かって起こることについて、少しずつ動きがあるので、忙しいです。

それにあわせて、自分がいろいろやんなきゃいけないことが増えたので、ツラい!

いろいろある(ないしは、あった)せいか、価値観が少し変わってきた気がします。

一番は、闇を一層深めたところですね。去年から兆しはあったけれど、頑張ってか、無理をしてか、不可抗力でか、光の当たるところに出ていったことで、「(もしかして)自分は人の役に立っているのではないか」と思うことが出てきたのですが、光が強くなればその反動で影というか闇も深くなりました。休日を中心としたスイッチオフ時の無気力とか、ここ数年でも最高な気がします。

闇が深い話は、多少表現が違っても、常に言っている気がします。
いよいよ酷いのは、過去最高を自分の中で何回も更新している気がするところでしょう。もちろん、今も大変ですよ…
闇をひたすら継続していれば、良くはならないかもしれないけれど、より悪くなっていることに気が付きにくくなるという、いいんだか悪いんだか微妙な特性を得ます。2017年は、時折自分に光が差すもんだから、落ち着いて闇に戻った時は落差で酷いもんでした。

結果として、討ち死にするようなことをしなくなった(なってしまった)と思いますよ。まぁ、、、婚活が塩漬けになったのは、断られること以上に、マジで紹介が発生しないことでしょう。人は、上辺だけである程度ふるいにかけるということを確信することだけ残りました。なお、女性側がそうしていると批判したいのではなく、俺がそういう人間なんだと自覚したということです。もっとも、春から夏にかけては、休日を含めてとにかく忙しく、時間も、金銭も、メンタルも必要なお見合いという制度は、全てを受けられないという面はありますが…

あとは、2ヶ月に一度くらいの頻度で、自分が特別な存在ではないことを思い知らされる出来事に遭遇することがあります。自分を過大評価しないように、とっても気をつけているつもりなのですが、やましい気持ち・下心・スケベ心をゼロにすることができません。光がさす面について、僕は「生きている実感がする」と言ったことがあったのですが、この言葉は“充実している”ことを言っているのではなく、“それを除けば死んでいる”の意味だと自覚しています。

些細なことで、傷つくしね。最近は、僕が自己紹介で年齢を述べたときに、「嘘!?」みたいな言葉とともに口を押さえる人を見てしまって、「この人もか…」と思いました。これ、2000%ネガティブリアクションですからね。キャバクラとかでもあるから、マジムカつくので、キャバクラとか行かない方がいいよ!本当に人間は怖いと思う。

自分にとっては、モチベーションを大きく低下する原因になったと思う。一つの出来事としては、死ぬほどツラいことではないけれど、闇を深くすることには貢献しますよね。関わりを絶つことが(すぐには)難しいこともあるので。

こういう傷つき方をするのは、どこか自分の中に、他人(多くの場合、容姿の優れた独身女性(笑))に期待を抱いてしまっているんだと承知しています。じゃあ、容姿の優れた女性と結婚するれば一発逆転メタモルフォーゼかは、わかりません。人生的には絶頂を迎えそうではあるけどさ…真の幸せとか、そんな難しいことはわからんのです。少なくとも、異性関係は充実したことがないので!

ということで、基本的なスタンスが、少しずつ冷めていっています。期待値ゼロのところに、逆転を目指して行動し、玉砕して消えてなくなろうとしてるので、ちょっと頑張っちゃってるところがあるけれど。

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください