2019年・冬・ラブコメ

冬アニメも、取捨選択された頃かと思いますが、いかがお過ごしでしょうか。

いきなり脱線するのですが、 今期は、アニメ配信のNetflix独占色がいっそう強くなった気がします。 まぁ、第1話(通算第13話)を見逃したピアノの森2期と、第2話を見逃した賭ケグルイ××が、どちらも配信がNetflixだけだったからです。

(ピアノの森は、中国系のサービスでしょうか、bilibiliというのがありますが、さすがに見る気になりませんでした(見ることができるのかも、不明))

今期は、恋愛もの…恋愛もの??ラブコメ的な作品が多い気がします。

まずは、期待値が高すぎ問題でおなじみの「かぐや様は告らせたい」。
僕が原作を読んでいるという奇跡が相まって、もはや逆にアニメに厳しい立場になってしまっています

しかもというか、なぜか!?!?オープニング曲が、鈴木雅之。初のアニソンだそうです。それが発表されたことだったと記憶していますが、NHK FMの鈴木雅之の番組で、いきなりかかっていました。

てか、鈴木雅之って、「マーチン」って呼ばれているんですね。そのラジオを聞いたときに初めて知りました。マーチンと聞いたら、ドクターマーチンですから、「あぁっ!?!?」って思いましたもん。
かぐや様は、原作が面白すぎることが問題ですが、アニメは何ら問題ない面白さだと承知しています。

他に世間の期待値が高かいのは、「五等分の花嫁」でしょう。
これは、ヒロイン5人の中の人が暴力的で、花澤香菜・竹達彩奈・伊藤美来・水瀬いのり・佐倉綾音(順不同)なのです。
もうムチャクチャでしょ。声優顔面偏差値ライブ+あやねるは巨乳でもするつもりなんじゃないでしょうか。
キャラクターは可愛いので、キャラクターが可愛くて、可愛いです。僕も見ています。

次に、僕が目をつけたのは、「ドメスティックな彼女」通称ドメカノです。
僕は、ドメカノに縁もゆかりもないのですが、エンディングを大好きな瀧川ありさが担当するということで、チェックしました。
1話目、話がちょっとエッチだったので、よかったです。ややシリアス目の展開は、ある意味都合がよいラブコメが生産されがちな世の中に、新鮮に映りました。リアルなエッチさを期待して、見ます。

そして、3D彼女リアルガール2期です。本当に期待していました。
1期は、終盤、俺でさえ心配になるほど、極めて単調な作画でしのいできました。半年間の休憩を経て、いざ降臨。今のところは、素晴らしいと感じています。
2期になって、つっつんエモすぎです。俺の目に狂いはありませんでした。

オープニング曲は、1期のエンディングに続いてBiSHが担当。「二人なら」です。そう言えば、松隈ケンタが関わっているアニソンが、今期もう一曲あった気がするんだけど、思い出せません。(錯覚かもしれない)

エンディングは、フジファブリック「破顔」です。

フジファブリックといえば、「若者のすべて」が代表的な楽曲と思いますが、近年は時折アニソンを担当し、抜群です。そう感じたのは、アオハライドのエンディング「ブルー」でした。

つまり、3D彼女は本気なんですよ。

僕は3D彼女に関しては、1期で心を捕まれまくったので、見てるとすぐ泣きます。セリコ(芹沢優、ヒロイン:五十嵐色葉の中の人)ナンバーワンだよ…

というわけで、一番僕の期待を背負っているのは、3D彼女です。まぁ、作画崩壊したって泣けるんだから、話が抜群というか、僕に響くのだと思います。素晴らしいこと。でも、作画が崩壊しなければ、嬉しい。

他に、デート・ア・ライブとか、上野さんは不器用とかも、ラブコメとかそういうくくりなんだと考えますが、見ていません。デート・ア・ライブは、2期くらいやってたときに、なんとなく見ない判断をしたので、以降追っていません。

上野さんは不器用、ヒロイン役がセリコなんだけど、第1話を見て、見なくてもいいやと判断しました。TOKYO MXでは月曜日の25時放送なのですが、年明けから闇の深い生活にどっぷりで、もう眠いねん。。作風と、スカートの中が宇宙になる様子を見て、録画してまで見る必要はないという結論に至りました。

恋がしたいというよりは、自分の恋が実ってほしいといったところでしょうか。

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください