ガールズ&パンツァー最終章に寄せて

ガルパン最終章の劇場上映が始まり、ファンは盛り上がりを見せています。

何をやってもスケジュールが大幅に遅れる今作は、2017年中の第一章公開をなんとか達成することができたわけです。まぁ、元々は年末じゃなかったと思うけど。真実は知らない。

内容は、復活した戦車道の大会に出るって話です。

面白かったです。スケジュールが崩壊することを受容できるかは、知らんけど。ギャグ場面では劇場でも笑い声があがっており、とにかくファンが温かいことを感じました。

雑感は、本質的でないところばかり。

クオリティはよかったと思います。その上で、あと5章作るのだから、アクタスの納品イメージだと、1年に1章が限界のように感じます。すると、完結まであと5年はかかるのではないかということ。これは辛いのではないか。

似たフィナーレは、たまゆら卒業写真がありました。劇場上映するOVA4作品をもって完結でしたが、途中若干の遅れがあって、1作目の上映から丸1年くらいだった記憶があります(≒もはや覚えていない)。たまゆらは、劇場上映時には、OVAのディスク販売もやっていたので、やり方が明確だったのはよかったですが、ガルパンは何もない気がする…

ガルパン最終章の位置付けについて深く考えていなかったけど、第一章は正味47分でした。勘のいい諸兄は気がつくでしょう。標準的30分アニメの1話は、概ね23分30秒とか23分程度なのです。たまゆら卒業写真も、1回が30分アニメなら2話分の内容だったので、同じではあります。

4章だったたまゆら卒業写真ですが、ガルパン最終章は一味違います。全部で6章の構成なのです。僕は気がついてしまった。30分アニメ2話分×6章=30分アニメ12話分=30分アニメ1クール(3ヶ月)分だということに。

そして、俺の中で出来上がったシナリオがこう。
ガルパン2期をやりましょう→えっ!?1クールのテレビアニメ制作とかマジ無理。俺たちがいくら最新話を落としたかわかってるでしょ→でも、なんかやりましょうよ。儲かるんだし→じゃあ、劇場上映にしません??制作がいくら遅れてもテレビアニメより影響とか、批判が少ないでしょ??(知らんけど)
当たっているかは知らない。でも、第一章は、始まった試合が完結しないで終わったので、ガルパンお得意のBパート+次回のAパートで試合決着展開という進行に当てはまっていると感じているのだ。

映画は、あやふやなスケジュールは、根限りあやふやなままな印象があります。決まっているものは、半年後くらいでもしっかり決まっているものもあるけれど。だから予測するのです。ガルパン最終章は、1年に1作になるのではと。

考えてみいよ。ガルパン最終章で、一番確たることは、佐咲紗花さんの主題歌は、第三章まで使われるということでしょ。つまり、今完成してるものは他にない、もっと言うと、第二章(以降)の制作は見通しが立っていないのではないか。水島監督は、「これから第二章の制作に入る」みたいなことをつぶやいていたようだし…

今となって思う、僕にとってのガルパンという作品の期待ポイントは、脚本が吉田玲子氏だということでしょう。僕が名前を覚えるくらい、僕に多大な影響を与えた作品を書いてるから、本当に期待しています。

あとは、主人公を担当するのが、渕上舞様だということです。まいまいが主人公といえば、僕の歴史ではガルパン、蒼き鋼のアルペジオ、暗殺教室で、どれも心に深く刻まれる傑作です。ガルパンだけは、作品供給ペースが崩壊してますけど。まいまいとは、電話で話したことがあり、とても親切な人柄にふれ、スカウターが爆発するまで評価が爆上げとなりました。本当に応援してます!アーティストデビューも楽しみにしています!

3回くらい結婚してくんねぇかな…

というわけで、ガルパンの次(第二章以降)が作られるなんて期待せず、まいまいを応援していきましょう。
それでは。

振り返り放送は

振り返り放送は、人を助ける

僕は、そう結論づけました。

今期、珍しくドラマを3本みています。
相棒、逃げるは恥だが役に立つ、IQ246です。

相棒は、初回スペシャルがケーブルテレビのSTB故障により吹き飛ぶという困難がありましたが、順調にみてきました。

ほかの二つのドラマですが、逃げ恥は4話くらいから見始めました。
その行動に駆り立てられたのは、ネットの評判もありますが、休日に家で塞ぎ込んでいた時に放送されていたダイジェストを見たことによります。
平匡さんのオフィスは、さくらインターネットらしいですね。田中社長が言ってました。そう記憶している。。

IQ246は、初回の振り返り放送を見ました。
そこで、土屋太鳳が元気だったことをきっかけに、ちょうどリアルタイムにアニメが被っていないし、放送を見るようになりました。

ドラマにおいて、総集編や振り返り放送は、レギュラー放送とは別のスケジュールが組まれ、もっぱらレギュラー放送視聴につなげるための宣伝と言えるでしょう。

はて、アニメの場合はどうでしょうか。

ネット配信での振り返り放送はおいておいて、レギュラー放送を落として、振り返りしてみたり、総集編やってみたり、OVAをテレビで放送してみたり…

要は、レギュラー放送のものが完成しないんですよ。

今期では、、ろんぐらいだぁす!を筆頭に、夏目友人帳、ブレイブウィッチーズなど、複数のアニメがやらかしました。

これは、アニメ(業界)特有の問題なのでしょうか。
考えてみれば、キツキツな進行であることはドラマだって可能性がありますが、それでも落としちゃったってことは聞きませんからね。
アニメはドラマより制作体制が(業界的に)発展途上で、その一方で案件が多いってことなのかもしれません。

まぁ、レガリアが4話で放棄し、また1話からやり直すってミラクル起こしましたからね。
1クール分の話数を2クール股に掛けて行ったもんですから、まるまる1クール分放送を落としたと言っても過言ではないですね…

ろんぐらいだぁす!も同じ製作会社ですから、“玉突き事故”と笑われてしまってもしょうがないかと。

ろんぐらいだぁす!、レギュラー放送は10話で終わることになって、残りの2話はそのうちやるそうです。
話的には、もう諦めて10話でフィニッシュした方がいいんじゃないかな。皮肉にもキリがいいので。

あぁ!ガルパンの時は、この総集編を見て強い興味を持ってしまったんだとは!なんだか、騙されたというか、負けた気分です。

2017年は、どのくらいアニメ制作がアレするでしょうか。。
円盤(ブルーレイ)売ってコスト回収するというのなら、、買いたくなるレベルの作品に仕上げてこいと言いたくなり、一生決着がつかないのでした…

それでは。