そして卒業の季節

絶望に絶望を重ねて、3月。2019年も、ろくな1年ではなかったな。そう考えはじめた今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

この記事を書き始めたのは3月2日。できあがらないまま、4月になってしまいました。もう適当でいいから公開してしまおうという気持ち。

長濱ねるの卒業発表に衝撃を受け、その事実を自分なりに噛みしめていたら、涙が止まらなくなった日々から、(伊藤)かりんちゃんの卒業発表、ゆったん(斉藤優里)の卒業発表と、(僕の)アイドル界隈も辛いことになりました。

ラジオ番組だって、終わったものがあります。「 剛力彩芽 スマイル S2 スマイル 」や「 上白石萌音 Good Night Letter 」の終了は、残念です。金曜日の夜は、24時台をニッポン放送に捧げてきたのですが、「欅坂46こちら有楽町星空放送局」(こち星)が日曜日23:30からの30分番組となり枠移動ということで、過ごし方が変わることになりそうです。

ラジオにおいても、ねるちゃんやゆったんの卒業が影響してきていて、不安要素です。こち星は、メインMCがねるちゃんからおぜちゃんに変更になりました。ゆったんは、卒業ギリギリまでTHE魂月曜日を担当することは見えていますが、その後が不明です。そもそも、卒業発表のブログでも、今後の進路に触れていないんだよね。そこだよ~。それでも、まぁ、いなくなるつもりで考えておかないといけないですね。

ラジオに関しては、意外と継続のものが多かったと思います。まぁ、超A&Gの番組がものすごく枠移動したせいで、慣れるまでは油断できません。それに、枠移動の影響でほとんど聞かなくなりそうな番組も出てきました…りえぷりー!!

ミュージックラインの南波志帆ちゃん5年目突入が一番大きかったかなぁ。ただ、6年目は期待しないでおこう。最後の1年だと思って楽しみたい。

橋爪ももの生乾き放送とか、エドガー・サリヴァンのエドラジとか、井澤美香子・諏訪ななかのふわさたとか、神田莉緒香のKANDAFUL RADIOなど、終了したら辛い番組をピックアップして覚悟を決めていたけど、全部残った気がします。今後失うのがこわい!常に覚悟して生きよう。

そう言えば、アイドルのラジオ界隈では、AKB48のオールナイトニッポンが終了することが、それなりに取り上げられました。そこに収まったのが、乃木坂46のオールナイトニッポンなのも話題になりました。

ニッポン放送では、AKB48の新番組が始まります。なので、定期異動レベルな気がしました。乃木坂46はオールナイトニッポンゼロの時は新内眞衣が冠でしたが、それが取れました。基本新内であるようですが、スケジュール等の関係で柔軟に対応してくる可能性とか、頻繁にメンバーを呼んだりということが期待できますね。

日向坂46は、かとしがレコメン火曜日のレギュラーに入りました。それまでの小池美由は、僕が特に興味がないせいで聞いていませんでしたが、レコメンは、月~水で僕に影響力を行使してきます。

見ていたアニメは、最終回のタイミングがほとんど同じでした。風が強く吹いているの追い上げは凄かった。スポーツ x Production I.G. は間違いないですね。3D彼女もよかった。大学進学がみんな東大なの笑った。約束のネバーランドは、エラちゃん(池田エライザ)が凄く楽しみにしていたこともあって、頑張ってみました。勝手なイメージと全く違う話でしたが、楽しめました。諸星すみれ好きすぎ問題。2期も楽しみですね。あとは、私に天使が舞い降りた(わたてん)でしょうか。最終回のAパート、伝説になると思いますよ。

春アニメは、これを見ようというのは少しあるけれど、結構再放送が多い気がしますね。けいおん!の再放送とかいいんだけど、円盤コンプしているのでまぁいいかな感はあります。円盤あると録画してみる必要ないし、起きてみるには遅すぎるからねぇ。てか、けいおん!10周年というのは、僕が深夜アニメに本格参戦して10周年とも言える…(正確には、けいおん!!からだから、9年半くらい?????)劇場版や新シリーズに向けて放送される冴えカノやPSYCHO-PASSは、ありがたいところですね。SHIROBAKOも、再放送するか、廉価なブルーレイBOX出してくんねえかな(豪華な(?)BOXは発売中)。

あまり見るべきアニメがなければ、アイカツフレンズ!とか1年レベルで溜まってしまったのを消化していきたいです。ちなみに、なぜかBORUTOを頑張って見ています。

公人の「卒業」を考えると、3月末は大きな節目の一つだと思います。実は、事前に辞めるとか、脱退するとか、引退するとか、わかっていたり公表したりしていればマシな方だと言えるかもしれません。以外と、何も言わずいなくなる人の方が多いのではないでしょうか。多くの悪い知らせは、自分が疑って初めて可視化されるところがありますからね。注意はした方がいいですね…

そんなこんな言っていたら、大好きな上白石萌音ちゃんの新曲が配信されました。これが、もうとんでもなく素晴らしくて、素晴らしいです。語彙が死にます。一方で、所属レーベルがトイズファクトリーからユニバーサルミュージックに変わったという発表がありました。これ自体は、悲しむ必要はないのだけれど、思いがけない意外なことが起こるという一つだと思います。

声優さんの場合は、急に情報がなくなったなぁと思ったら、事務所を辞めているみたいな人が意外といるんですよね。そして、俺が見てきた中で、フリーになって従前と同じくらいの勢いで活躍している人、いない気がするんだよなぁ…少し仕事が減るくらいなら、中間マージン(事務所の取り分)が(ほぼ)なくなって、自給換算で儲けが増えるからやっていける、みたいは話はあるのかもしれないけど、ほとんど見なくなる人の方が多いので。。。例は挙げません。

自分が失うことへの覚悟を意識するようになったのは、番組が終わるとか、パーソナリティが変わるとかしたことに対して、いつまでも前に戻せとか(大抵Twitterで)言っている人を見苦しく感じるようになったからです。自分はああはなりたくない、終わる側の事情や気持ちは置き去りでいいなのかとか、疑問が多く出てきましたので。だからこそ、今存在している限りは、全力で求めたり、受け入れたり、追いかけたりした方がいいんじゃないかと考えたのです。いつ失っても、受け入れられるように。

勇気は必要だと思う。

それでは。

大きく終わる大物のラジオ

ある程度続いていくと、その存在が当然のものに思えてしまうのは、いくらか共感ができます。

ちょうど先週、福山雅治の魂のラジオが、来年の3月いっぱいで終了すると本人が発表されました。

おかしい…先週は、ちゃんと全部聞いたはずなのに、そういう進退に関する発言の記憶が全くない…

そう、僕は、極めて珍しく、勉強をしていたのだった…

文化放送では、アニスパが、これまた来年の3月いっぱいで終了するそうです。

どちらにしても、10年を越す大物番組です。
ラジオ番組は、終了やパーソナリティの卒業の発表なんて、最終回の前の週だったり、前の前の週くらいが普通で、最終月の月初に発表するくらいになると、相当な大物だと考えます。

あろうことか、3ヶ月半も前ですか…

福山雅治、『魂ラジ』終了の理由明かす「深夜の生放送がしんどい」

こうしてみると、不思議なもんで、やたら納得できるんだようなぁ。

プロのアーティストが眠いという。
僕は、なぜかそれ以上に土曜の深夜は眠く、たびたび魂ラジを聞かずに眠っていたのですから。もっとも、自分が魂ラジのパーソナリティであれば、身体のもっていきかたは違っているだろうけれど。

しかしですね、この理由であれば、トーキングFMの終了まで悲観する必要はないものと感じられました。

僕自身、福山雅治が俳優的な働きを一切しなくなっても、それは構わないと思っています。
自分がドラマとか見ないってところが大きい…龍馬伝やガリレオは見てたけど。

ただ、完全にラジオからいなくなるのは、ちょっと考えられず、厳しい。

もっとも、今回最悪なケースを想定すると、病気療養関係で、ツアーが一段落とかのちょうどいいタイミングが3月末ってやつでした。
別にそういうことでないようすなのもよかった。

さて、果たして番組終了後に何が始まるのか。
アニスパにしたって、後番組にかかるプレッシャーというのは大きいでしょう。期待する人は、それほどまでに期待しますからねぇ。

あぁ、失うときこそ、その存在を理解する、か…

笑い声というリゾート

ご無沙汰しています。

今日は、興味と用事作りによって、大宮に来ています。
あっ、今日のうちに帰りますよ。
ワンピースの特番はリモートで予約しました。一週間分アニメを溜めてしまったので、大変なことになったぞ…

初めてHits The Town!をスタジオアルシェで見たのですが、とても面白かったです。

ゲストのfumika女史狙いだったのですが、いろいろ失敗してドナルドのちょっと前から最後までいました。

見えることによる面白さを知ると、ラジオとしてはアレですが、こういう風になっているんだという事実は、自分で脳内補完していた映像が正しくなって、今後より楽しめるようになるのではないかと思いました。

とても見たいゲストの時とかまたきたいと思います。

あまがみ様の降臨は少なめでした(´Д`)

さて、ラジオを通して聞いていても十分伝わっておったのですが、現場はとても楽しそうに笑いが絶えない感じでやっていましたね。

笑ってくれる人がいると、面白いことの言い甲斐がありますよね。

僕だって、ぼっちで面白いことはいわないけれど、人と話しているときは超絶面白い発言を連発しますからね!

ここで出てくるのは、ナインティナインのオールナイトニッポンの後釜として発表されたナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポンのことです。

正直、終了すると知り、この後のパーソナリティは大変だろうと思っていたのですが、岡村さんソロになるなんて考えもしなかったので、驚きました。

番組の中身はどうなるのでしょう。
さすがに、矢部さんのコーナー:ドリチンクラブは終わることになるでしょうが、はがき投稿のコーナーを継続していくことになる可能性は高いと思います。

そうすると、やはり不安が残ります。

ネタのコーナーの中で、矢部氏は極上のお客さんだからです。
矢部氏はネタに対してよく笑うキャラ。
あの笑い声があるからこそ、よいネタがよりよく感じられるのですから。

今まで当然あったものだからこそ、矢部氏の笑い声が完全に消えた番組にいったいどんな気持ちを抱かせられるのか、主に不安を感じてしまいます。

自分がもっと主体的に楽しんでいくことが求められる時代なのかもしれません。

頑張らないと。

それでは。

ヒット曲は作れる

“カワイイは作れる”というのがありましたが、アレはあまり共感できません。

カワイイは、許可制

これが僕の意見である。

最近、関東のラジオ局7局が合同で猛烈にプッシュしているのが、片平里菜の『HIGH FIVE』。

最近は、Nack5と文化放送とニッポン放送が中心なのですが、この3局も激推しに参加しているため、もうね毎日に近いほど『HIGH FIVE』を聞いている気がするのですよ。

アルバムの収録曲なのですが、疾走感がありキャッチーなところがとても耳障りがよく、もはややみつき。

そうですね、、わかりやすく言うならば、阿部真央の『モットー』を聞いたときくらいのインパクト・中毒性ですかね。

自分の女性シンガーソングライター好きは、ここまでくると性癖である。

(あべまは、ベストアルバムが出る)

それにしても、ラジオで聞かされる(?)ことでの影響って、大きいと思いました。
まぁ、音楽番組でも見るのなら、そういうルートもあるのでしょうが、テレビに出る人は既に売れていたり、主に売っているのは握手券だったりするこも多いので、斬新な出会いは多くないと感じました。

僕は、miwaちゃんですらラジオですから。

歌がよかったのはよかったのですが、昨晩MTVでミュージックビデオを流す番組があったので見てたら、、、ごルックスも…じゅるり…

方々で推されすぎると反動が怖い気もするのですが、これからもステキな曲を歌ってくれるといいなと思いました。

それでは。