堂上剛裕

10月に入り、内定式だと騒ぐものもいれば、戦力外となるものもいる。

さて、奮わなかったドラゴンズが、いっぱい戦力外にするということで、去年の減俸の展開から注目をされていました。

いやはや、堂上剛裕が戦力外になるとは…

いやね、意外な気持ちとあり得るような気もする感じと相まって複雑なわけです。

ちなみにだ…

僕がとある巨人対中日戦の約束をすっぽかされたとき、泣きながらプレイボール1時間後にドーム入りして代打で出てきてホームランを打ったのが剛裕だったのだよ

試合と人生には負けた

今シーズン、小笠原道大を獲得、さらに工藤隆人を獲得して迎えました。

大島と和田が外野手のレギュラーに非常に近い中で、平田・藤井・松井祐介・野本圭あたりも加えてもっぱらライトの定位置を争う戦いがあったわけです。
期待値もろもろ勘案しつつ、やはりと言いますか、勝ち抜けたのは平田と考えられます。開幕4番でしたし。

そう言えば、去年の開幕の時、井端を7番とかにして、その高木采配を称賛する記事を見た気がしますね。
いろいろダメでしたが…

剛裕の魅力は打撃に特化していたこともあり、代打での活躍も期待されていたところですが、その打撃が低調になると、どうしても起用が難しくなったと考えられます。

走力や守備に期待値が高い藤井や工藤と比べて、打撃まで劣るようでは…

代打の役割においても、小笠原が比較的好調だったことと、少しずつではあるが存在感を増す高橋周平の存在もあり、左の代打というカテゴリでも厳しかったのが現実です。

さて、深かったのは、野本ではなく剛裕が戦力外だったところですが…

わかんねー

剛裕は、地元だし弟・直倫もいて人気選手でしたが…うむ~。

左の強打者を求めるチームに移籍し、豪快な打撃で復活されることを期待したいと思うばかりです。

しっかし、引退や契約解除が多すぎて、チームを編成できるのかね。

策士のGMが何か企んでいるのか。
私、気になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください