井口真緒の卒業について考えてみた

日向坂46の井口真緒の卒業が発表されました。

2019年9月に男性とのツーショット写真が撮られ、誌面だったかWebだったかに記事の掲載予告が出て、その記事がお蔵入りになって、井口が写真を認めて謝罪して活動自粛になった記憶があります。

オダナナに続く坂道グループの異性関係の話題でしたが、オダナナと全然違う形で、マジで全然違うなって思ったのは記憶に新しいです。

オダナナは髪を短くしてからかなり好きになりました。僕の記憶する最後のオダナナは、ゆかのすけ(菅井友香)がレギュラーの月曜レコメンで、読売中高生新聞の「実録・レコメン! リスナー事件簿」にゲスト出演されたのが最後でしたね。

異性関係報道のタイミングが悪すぎて、欅坂46の東京ドームライブに出られなかったのは酷すぎました。

 

おっと、井口真緒の話でしたね。

異性関係なので仕方ないという意見や、握手券完売を目指し、ブログで激しい攻勢(?)をかけていたことを批判するコメントなんかも見ました。自分はあんまりそういうのないのでわかりませんが、そういう指摘はある程度理解できますね。

一方で、戻ってきてほしいという意見や、ひらがな推し・日向坂で会いましょうで人気だったスナック真緒のコーナーを惜しむ声も多く見ました。

スナック真緒は一通りやったのと、常連客の若ちゃん(若林正恭)が海外に転勤とか謎の設定で終了した記憶があります。2019年の流行語大賞に、げてもの系料理に挑戦するひよたんが「くっさ!」と言ったのがノミネートされていましたね。

ゲテモノと言えば、坂道テレビ第2弾(の拡大版だけかもですが…)井の頭公園の謎自販機でイナゴとかにチャレンジしていましたよね。かとしとかも当然いいんだけど、ひよたんがいたらヤバかったかもって思いました。

 

おっと、井口真緒の話でしたね。

僕が把握しているネット情報だと、井口は臨床心理士だかカウンセラーだかを目指しており、大学院に通っているという話がありました。

裏付けがないので、そうなんだくらいに思っておりますが、年齢的にダブったり浪人したりしていなければ、もうじき修士課程を修了するタイミングのはずです。

実際の活動終了を3月中に調整し、本当に4月から会社員(?)として働き始めるのかもですね。「社会人を甘く見るな」というバカみたいなコメントもありましたが、気にする必要は無いでしょう。

 

CoCo壱番屋のキャンペーンや、DASADAには登場しているため、活動再開を楽しみにしている人も多かったと思います。

一方で、3rd・4thシングルの活動に参画できなかった影響と、歌やダンスを苦手にしているところが、厳しい判断に結びついた可能性はあるでしょう。

卒業するに至った判断は、私にとってはどうでもいい話です。もともと、ひらがな最年長が井口で、思考停止して順当と考えれば、井口が最初に卒業するだろうというのがありました。それは、井口が大学院生で…という話に通じます。

結果的に、立つ鳥跡を濁さずといかず、おめでとうと言いにくかったのが悔やまれます。しかし、他メンバーは井口とのツーショット写真を載せる者もいるので、実際慕われていたんだと知れて、グループのファンとしては嬉しくなりました。

齊藤京子の井口に関するブログが泣けると話題になっていました。もちろんよかったのですが、僕は潮紗理菜の井口に関するブログが泣けました。

ゆったんがパーソナリティをしているThe 魂で、ゆったんの代打でひらがな欅メンバーが出たとき、井口と潮でした。その後、日向坂がゲストにきたときも、井口と潮でした。

井口がゆったんが大好きということがあって、このラジオ共演のことをブログで無骨に書いていたのが、スゴく面白かったです。潮は聖母と呼ばれることもありますが、興奮して暴走する井口を優しく見ている感じで、本当にいい奴だなと思っていました。最近は日向坂で会いましょうに、謎のプロダクトを持ってきたり、長尺のエピソードトークをやったり、『ソンナコトナイヨ』では2列目になったり…メチャメチャ頑張れて結果も出ているのは、いい同期に恵まれていたのでしょう。

スナック真緒の話ですが、アレはバラエティなのだから、現実に店を出してほしいなど、夢のまた夢でしょう。できたら行くのかとか、結構いろいろありますよ?

まあできることなら、卒業するまでにしれっと日向坂で会いましょうに復帰し、上村ひなのをフューチャーしたスナック真緒の最終回をやってほしいところです。そして、井口ママが辞めた後をバイトの愛萌に引き継がせて、たまに何かするでいいのではないでしょうか。

 

そういうわけで、お疲れ様とか外部やファンが言いにくくてアレですが、日向坂で会いましょうでせめて卒業の挨拶くらいできればいいなと思っています。

残り少ない活動期間と推察しますが、井口本人には悔いなく活動を終えられればいいなと願うばかり。

 

それでは。

佐々木琴子のトップギアとか

超絶推しメン候補である、乃木坂46佐々木琴子が、2020年3月いっぱいでグループを卒業すると発表がありました。

現状発表されていることでは、卒業後の進路は明らかになっていません。むしろ、決まってないという状況でしょうか。

白石麻衣さんの卒業が発表され、それに関していろいろと考えたものですが、僕が一番に思ったのは、「2020年のアイドル顔だけ総選挙、ついに琴子が1位になる時がきた!」ということです。琴子は、2年連続で白石に次ぐ2位でした。

その野望が実現しないうちに、琴子まで卒業してしまうとは…残念で仕方ありません。

アイドル活動をやりきったと思えるかは本人次第な訳ですが、乃木坂46のメンバーとしては、選抜に入ることが1度もなかったのは残念かもしれません。しかし、2期生は2期生ライブや、アンダーメンバーの活動を大きなものにしたり、個人活動の分野を大きく広げたりと、とても価値のあるものです。

琴子に関しては、さゆりんご軍団の他、舞台出演、好きなアニメ関連での活動は大きかったと思います。全ガンダムに突如降臨したこと、文化放送で冠番組を持つ、キャリさんをひたすら推すなど、とても素晴らしかったです。

好きなことを話し始めると止まらなくなること、まさに”トップギア”だと思います。その姿勢は、今後どんな進路を選ぼうとも続けてもらえると嬉しいです。

そう言えば、今年初めのトップギアで、乃木坂46の曲の「きっかけ」(アルバム『それぞれの椅子』メイン楽曲)をエンディングで流していました。れなちだったかな、新年早々ののぎののでも「きっかけ」を流していましたね。

「きっかけ」は、乃木坂46の楽曲の中でも最高レベルに好きなやつです。琴子にも、きっと何かのきっかけがあり、今より新しいステージに進む決心がついたのでしょう。

あと2ヶ月弱の活動となりますが、悔いなく卒業を迎えられることを、祈りつつ、ひっそりと応援しています!

ビッグラブ。

それでは。

2019年の紅白歌合戦についての妄想

4月以来、何も投稿していません。
ゆったんの乃木坂46卒業すらろくすっぽ触れずにきちゃいましたが、私はなんとか生きています。

2019年の紅白歌合戦に出場するアーティストが発表されていました。

第70回NHK紅白歌合戦出場歌手
https://www.nhk.or.jp/kouhaku/artist/index.html

発表に先立ち、『○○内定』とかの妄想記事がいくつか出ますが、それなりに外れているのは興味深いです。
(去年は、思い切り外れているヤツを認識したのですが、今年は知らん)

僕が今年聞いてきた音楽を踏まえると、(初)出場が熱望されたのは、Official髭男dismと日向坂46でした。どちらも決まってよかったと思います。

あとは、LiSAが選ばれていてよかった。本格派アニソンシンガーとしてありつつも、枠をいい意味で逸脱した活躍を認められたようで素晴らしいと思います。何様な評価を言っちゃってるけど…
NHK的には、水樹奈々の紅白出場を経て、ラブライブ!の再放送をして、さらにμ’sやAqoursが紅白に出場するなど、それなりにアニメ系を意識していたわけですが、少し視野が広がったのでしょう。
個人的には、、Poppin’Partyの紅白あるかもと想像もしていたのですが、ちょっとNHKとは遠かったかな。

意外な出演者は、福山雅治です。俺、福山雅治のファンなのにそう思います。
ましゃは、近年俳優業への力の入れようが凄いのですが、なんだかんだ新曲をリリースはしてきました。今年は(現時点で)1曲もリリースがないので、無いかなと予想していたのです。ライブはそれなりに出演していて、今年も冬の大感謝祭もあるし、全くなにもしていない訳ではないけれど、自分としては寂しい限りです。昨年リリースした甲子園テーマソング『甲子園』が今年も引き続き使われていたのが大きかったのだと思います。
来年は、何かしらリリースしてほしいです。

そう言えば、落選=出場しないアーティストをどうのこうのいうツイートを複数見かけました。
ほんまに選ばれないアーティストと打診されて断ったアーティストの両方がいると思うので、何も言わない人に周りが憶測であーだこーだ言うのはどうかと思いました。
例えば、あいみょんなんかは紅白に出てしかるべき活躍だったと思いますが、いません。米津玄師もそうです。真相は闇の中ではないでしょうか。(その真相を知るのが楽しい、という観点は否定しません。それがゴシップってやつです)

「NHKへの貢献度」がどう作用するかも、曖昧になりました。昨年はSuchmosの出場にグダグダ言っている人を見かけた印象です。
岡崎体育やヤバイTシャツ屋さんなんかは、本人が寂しそうにしていましたね。個人的に岡崎体育のNHK貢献度は理解できていないので、何も感想とかありません。今年、、ミュージックラインにゲスト出演してた????そういうところもあるんじゃないかな…ヤバTは、変わった曲とか作ってたし、バンドの人気も着実に上がってきていていい感じ、ミュージックラインにも出てた記憶があるので、残念なことになりました。ヤバTは受難が多いのかな。ねごとが解散を発表して最初に出るライブだったカウントダウンジャパン(CDJ)で、ヤバTが裏番組だったとか、話題になっていました。ヤバTは、来年に期待しよう。

最後に、落選したアーティストのつぶやきを画像にして、そこそこバズっていたツイートがありました。

デレクジーカー氏はリトルトゥースなら同じみですね。
これ、冷静に自体を認識すると、aikoは2019年の紅白に出場するんですよ。aikoだけ過去ツイート(2014年)なんですね。ひどいことするなーと思っていました。

改めて見てみたら、本人が説明してました。なので、いじめないであげてください。

僕はなんだかんだ紅白を見るので、いい番組になればいいなと思います。

それでは。

そして卒業の季節

絶望に絶望を重ねて、3月。2019年も、ろくな1年ではなかったな。そう考えはじめた今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

この記事を書き始めたのは3月2日。できあがらないまま、4月になってしまいました。もう適当でいいから公開してしまおうという気持ち。

長濱ねるの卒業発表に衝撃を受け、その事実を自分なりに噛みしめていたら、涙が止まらなくなった日々から、(伊藤)かりんちゃんの卒業発表、ゆったん(斉藤優里)の卒業発表と、(僕の)アイドル界隈も辛いことになりました。

ラジオ番組だって、終わったものがあります。「 剛力彩芽 スマイル S2 スマイル 」や「 上白石萌音 Good Night Letter 」の終了は、残念です。金曜日の夜は、24時台をニッポン放送に捧げてきたのですが、「欅坂46こちら有楽町星空放送局」(こち星)が日曜日23:30からの30分番組となり枠移動ということで、過ごし方が変わることになりそうです。

ラジオにおいても、ねるちゃんやゆったんの卒業が影響してきていて、不安要素です。こち星は、メインMCがねるちゃんからおぜちゃんに変更になりました。ゆったんは、卒業ギリギリまでTHE魂月曜日を担当することは見えていますが、その後が不明です。そもそも、卒業発表のブログでも、今後の進路に触れていないんだよね。そこだよ~。それでも、まぁ、いなくなるつもりで考えておかないといけないですね。

ラジオに関しては、意外と継続のものが多かったと思います。まぁ、超A&Gの番組がものすごく枠移動したせいで、慣れるまでは油断できません。それに、枠移動の影響でほとんど聞かなくなりそうな番組も出てきました…りえぷりー!!

ミュージックラインの南波志帆ちゃん5年目突入が一番大きかったかなぁ。ただ、6年目は期待しないでおこう。最後の1年だと思って楽しみたい。

橋爪ももの生乾き放送とか、エドガー・サリヴァンのエドラジとか、井澤美香子・諏訪ななかのふわさたとか、神田莉緒香のKANDAFUL RADIOなど、終了したら辛い番組をピックアップして覚悟を決めていたけど、全部残った気がします。今後失うのがこわい!常に覚悟して生きよう。

そう言えば、アイドルのラジオ界隈では、AKB48のオールナイトニッポンが終了することが、それなりに取り上げられました。そこに収まったのが、乃木坂46のオールナイトニッポンなのも話題になりました。

ニッポン放送では、AKB48の新番組が始まります。なので、定期異動レベルな気がしました。乃木坂46はオールナイトニッポンゼロの時は新内眞衣が冠でしたが、それが取れました。基本新内であるようですが、スケジュール等の関係で柔軟に対応してくる可能性とか、頻繁にメンバーを呼んだりということが期待できますね。

日向坂46は、かとしがレコメン火曜日のレギュラーに入りました。それまでの小池美由は、僕が特に興味がないせいで聞いていませんでしたが、レコメンは、月~水で僕に影響力を行使してきます。

見ていたアニメは、最終回のタイミングがほとんど同じでした。風が強く吹いているの追い上げは凄かった。スポーツ x Production I.G. は間違いないですね。3D彼女もよかった。大学進学がみんな東大なの笑った。約束のネバーランドは、エラちゃん(池田エライザ)が凄く楽しみにしていたこともあって、頑張ってみました。勝手なイメージと全く違う話でしたが、楽しめました。諸星すみれ好きすぎ問題。2期も楽しみですね。あとは、私に天使が舞い降りた(わたてん)でしょうか。最終回のAパート、伝説になると思いますよ。

春アニメは、これを見ようというのは少しあるけれど、結構再放送が多い気がしますね。けいおん!の再放送とかいいんだけど、円盤コンプしているのでまぁいいかな感はあります。円盤あると録画してみる必要ないし、起きてみるには遅すぎるからねぇ。てか、けいおん!10周年というのは、僕が深夜アニメに本格参戦して10周年とも言える…(正確には、けいおん!!からだから、9年半くらい?????)劇場版や新シリーズに向けて放送される冴えカノやPSYCHO-PASSは、ありがたいところですね。SHIROBAKOも、再放送するか、廉価なブルーレイBOX出してくんねえかな(豪華な(?)BOXは発売中)。

あまり見るべきアニメがなければ、アイカツフレンズ!とか1年レベルで溜まってしまったのを消化していきたいです。ちなみに、なぜかBORUTOを頑張って見ています。

公人の「卒業」を考えると、3月末は大きな節目の一つだと思います。実は、事前に辞めるとか、脱退するとか、引退するとか、わかっていたり公表したりしていればマシな方だと言えるかもしれません。以外と、何も言わずいなくなる人の方が多いのではないでしょうか。多くの悪い知らせは、自分が疑って初めて可視化されるところがありますからね。注意はした方がいいですね…

そんなこんな言っていたら、大好きな上白石萌音ちゃんの新曲が配信されました。これが、もうとんでもなく素晴らしくて、素晴らしいです。語彙が死にます。一方で、所属レーベルがトイズファクトリーからユニバーサルミュージックに変わったという発表がありました。これ自体は、悲しむ必要はないのだけれど、思いがけない意外なことが起こるという一つだと思います。

声優さんの場合は、急に情報がなくなったなぁと思ったら、事務所を辞めているみたいな人が意外といるんですよね。そして、俺が見てきた中で、フリーになって従前と同じくらいの勢いで活躍している人、いない気がするんだよなぁ…少し仕事が減るくらいなら、中間マージン(事務所の取り分)が(ほぼ)なくなって、自給換算で儲けが増えるからやっていける、みたいは話はあるのかもしれないけど、ほとんど見なくなる人の方が多いので。。。例は挙げません。

自分が失うことへの覚悟を意識するようになったのは、番組が終わるとか、パーソナリティが変わるとかしたことに対して、いつまでも前に戻せとか(大抵Twitterで)言っている人を見苦しく感じるようになったからです。自分はああはなりたくない、終わる側の事情や気持ちは置き去りでいいなのかとか、疑問が多く出てきましたので。だからこそ、今存在している限りは、全力で求めたり、受け入れたり、追いかけたりした方がいいんじゃないかと考えたのです。いつ失っても、受け入れられるように。

勇気は必要だと思う。

それでは。