そしてもう店は開かない

家から駅までの途中にある中華料理屋が、「しばらく休みます」という貼り紙を出していたが、閉店することになったという貼り紙に変わっていた…と思う。(荷物が多く、急いでいたのでちゃんと読まなかった)

前住んでいたところの、最寄り駅その2駅前にあった中華料理屋、1度か2度利用したことがあり、特別問題なかったのだが、「しばらく休みます」からの廃業、その後居酒屋に居抜きされた。

韓国焼き肉のお店は、ある春先に「しばらく休みます」という貼り紙が出て、旅行にでも行くのかなとか考えていたが、3ヶ月くらいしたら、内装をはがす工事が始まった。その後は、、調剤薬局になった気がするが、ここだったかな…思い出せんぞ!

創業40年(うる覚え)とかの老舗中華料理屋があった。途中、店舗を改装し、ここは適度に客もいた。(すまん、私は行ったことがない)ここも、しばらく休みますという貼り紙が出たのだが、前述の通りなので、そのうち開だろうと思っていた。(すまん、復活したら行こうとは思っていない)内装をはがす工事が開始された。今は、ラーメン屋だったか、近いジャンルの飲食店に生まれ変わっていたはずだ。

こういうことばかりあると、期限のない休みが、廃業の隠語のように思えてきた。それとも、俺が通りかかるが、ろくすっぽ入店しない韓国・中国系の飲食店は廃業するみたいな、疫病神説か。

もっとも、単純に儲かってなかったというのはあるだろうが、老舗が突如として閉店するのは、なんとも言えない。
今年の春、とある居酒屋が突如として閉店する内情を知る機会があったのだが、いろいろあるのだ。

目先を変えると、今年は、アイドルグループの解散が多いという分析がある。それなりの活動期間をもつ中堅と言えそうなところが、発展的に(?)解散している気がする。そうでもないかもしれない。興味深いのは、メンバーの卒業(脱退)ではなく、グループ自体が活動を終えるところが目立つ点だろう。

不思議なもので、グループを解散した後、ひとりでアイドルを名乗ろうとする人がいない気がする。タレントが近いのだろうが、アイドルの本業と感じられるのは、歌って踊ることなので、タレントとなると、そこがメインではないのだろう。鈴木愛理は貴重である。山本彩にも期待しかない。

メンバーの卒業でもそうだが、芸能の道に残らない人も増えた気がする。そうすると、一般的な学業の節目や、キリのいい年齢や活動期間は、決断の時期なのだろう。

「推し(アイドル)は、推せるときに推しておくべき」という意見がある。いつ辞めるかわからないから、活動しているうちに、見に行ったり、応援したりしろという考え方だ。サイレントマジョリティーになるな的な??違った??
一理あるが、僕は考えを改めるほどは共感はしなかった。なぜなら、「あの時見に行けば」という後悔の念を一切持たず、「見に行かなかったのは、自分にとってそれほどでもなかったという証拠」というスタンスを確立していたからである。

飲食店でも同じ考えだ。今年の4月に閉店した家系ラーメン屋があった。閉まることは把握していて、最後に1杯も考えていたが、土日はランチがギリギリ終わっているようなタイミングでしか出かけなかったし、仕事帰りにも寄らなかった。最終営業日にラーメン100円をやっていたが、それにも意志を持って行かなかった。そういうことなのである。

ただ自分は、この自分の意志・決断に誇りを持っていたいなとは思う。外的要因で、どうしても自分の希望が叶わないこともあるからだ。

自分が知る・関わる範囲の人が、一見ネガティブな決断をしたときに、その先に新しい何か、もしくはよりよい何かを掴んでくれたらと思う。

妙にそれっぽいことを言ってきたが、あって当然と思っていたものが急に無くなることになったからといって、未練がましくするのはいかがなものかという話。

でも、人間の存在(命)は別格かもしれない。だからって、日々覚悟して生きようと言いたいわけではない。たまに振り返って、悔いが少しでも残らないようにしていきたいなとは思う。ほとんどできていないと思うけど。

それでは。

恋は難しいので、恋をしない3D

今期(2018年4~6月クール)も、続々とアニメが最終回を迎えている。

今期は、恋愛ものが多様で、楽しめたと思う。

勝手なイメージかもしれないが、リアルガールとヲタ恋は、早々に主人公が付き合い始めて、交際中の話が展開するタイプの作品。「こいつ~(ハート)」 と思いながら見るのにはちょうどいいですね。

多田恋は、最終回に向けて切なさが高まってきました。古き良き恋愛ものという雰囲気です。

ちなみに、格別恋愛ものを見たくてこうなったわけではない。最近は、時間と気力と時間と体力と集中力と気力とレコーダーの残り容量が足りないので、視聴・録画を絞っていますが、上記3作品は縁があったので見ました。多田恋は油断して1話をぶっ飛ばしてしまったので、後でamazonプライムビデオを活用しました。

  • リアルガールは、神田沙也加が出てると聞いたので(えぞみち役)
  • 多田恋は、放送開始前に、アニゲーイレブンにヒロイン:テレサ役の石見舞菜香ちゃんがゲスト出演していて可愛かったのと、自分に影響を与えてきた下地紫野様がメインキャラ(アレク役)で出演することを知ったから
  • 万一駄作でもちゃんと見ることにしているノイタミナ枠であり、オープニングが非常に優れていたから

大概適当な理由である。もちろん、どれも原作を知らないし、読む気もない。

リアルガールは、実写映画化かつ2期決定。力を入れているコンテンツだ。ヒロイン五十嵐色葉が、俺が勝手に思っている芹澤優のイメージにぴったりで、ドハマり。俺すら疑問に思うレベルで「作画が崩壊している」という指摘がされた作品だが、そんなことがどうでもいいレベルで、セリコに首ったけ。2期も楽しみ。

多田恋は、大好きな声優である小澤亜李ちゃんがヒロインをやった超面白アニメ:月刊少女野崎くんのチームが担当していることを、最近になって知った。「主人公役、まーた中村悠一やな」と思ったとか思わなかったとかありましたが、野崎くんと同じスタッフ陣とすると、なぜか納得(苦笑)なお、多田恋には、ニャンコビックという猫が出てくるのだが、これがcv.亜李ちゃんなのだ。思い出しましたね、俺史上最高アニメランキング第3位グループの一角を担うふらいんぐうぃっちで、アルというハムスターをやっていましたね。マジで、亜李ちゃん x 小動物いいね~。

ヲタ恋は、オープニング主題歌であるsumikaの『フィクション』が、今期のアニソンで最高だった。

[amazonjs asin=”B079VC4X68″ locale=”JP” title=”Fiction e.p(初回生産限定盤)(DVD付)”]

sumikaは、「君の膵臓をたべたい」のアニメ映画の主題歌も担当するそうで、引き続き注目だ。しかし、キミスイのそこはかとないイメージに対し、テレビCMで確認できる画の感じが、軽すぎる気がする。。俺の無知か、作品はそういう決めつけを打ち破ってくると思っておこう。
ヲタ恋は、とにかく主人公グループの会話が面白かった。適切なボケとツッコミの関係に、ヲタクという新しい軸がうまく混ざっていたと思う。A-1 Pictures制作も、作品に安定感をもたらしていた。同じクールにペルソナ5やってんだぜ?全然関係はないのだけれど、リアルガールが非難されてもしょうがないよな。
こちら、まだまだ映像化が続いてほしいと思わせる展開で終了している。終盤にこーくんという、引っ込み系のヲタクが現れた。男のように思われたが、女性であるようだ。友達になったなおちゃんに、自分が女性であることを言えてないままなのである。これ、なおちゃんとこーくん、付き合うまであるのではないか。こーくんから告白するパターンで…

こーくんの性別については、僕も直感的に疑問に思うところがあった。

女性でいてほしかったという願望が、ちょっと弱いな(爆)

俺は、公私ともにうまくいっていないので、せめて見ていたアニメのキャラクターには幸せになってほしいところです。多田君もな、幸せになってほしいんだけど…厳しそうだなぁ。最終回、応援している。

それでは。

[amazonjs asin=”B07BYKX2DX” locale=”JP” title=”【Amazon.co.jp限定】 多田くんは恋をしない 1(第1巻早期予約特典:アニメ描き下ろし「多田くん」フラットクリアファイル&ミニタオルセット 付)(全巻購入特典:アニメ描き下ろしイラスト使用B1布ポスター 引換シリアルコード)(イベントチケット優先販売申込券) Blu-ray”]

あなたは権利の乱用者か

SNSの発達で、一般人が強い発信力を手に入れる可能性(バズる的なやつ)がある中、ものすごく気になっているというか、キライなことがある。テレビ画面を写真に撮り、アップロードしているやつだ。

嫌いだとは言っても、俺が世直しに頑張るつもりが(現時点で)ないため、通報等はしていない。

テレビ画面を写真に撮ってSNSに投稿している輩本人は、実際のところどんなことを考えているのか、まるでわからない。ただ、罪の意はなさそうに感じるのは、面白ネタを共有したいだけなモチベーションに見えるからだ。まぁ、普通に悪いことなので勘弁してほしい。やむを得ず目にしてしまうと、僕はいちいちイヤな気分になっているのである。

「おまえ神経質だな」とか「鬱じゃね?」とか言う人がいるかもしれない。肯定だ。

これ、闇が深いのが、テレビに出る側の芸能人でもやってるやつがいることだ。よっぽど美人でなければ、ファンを止めたくなるレベルだ。

この事象、最近起こったことでもないのだけれど、そのうち自分の考えをまとめたいと思っていた。そのきっかけをくれた(?)イベントがある。

多くは語らないが(語るけど)、4月にあるネットワーク業界のイベントがあった。僕は中継を見ていた。そこで、とある誰かのプレゼンテーションで、スライドほぼ全部に『凪のあすから』の画像が差し込まれていた。

プレゼンしてる人が凪あすを好きなのはわかったが、途切れることのない画像ぶっ込みに胸くそ悪くなって、中継を見るのを止めた。(もしくは、手元の仕事が忙しかった)

こういう権利ない者による乱用は、少なくないと感じる。プレゼンテーションに、某三国志の絵を使って喋らせるやつ、日経電子版の電車の中の広告みたいなやつで、権利関係をクリアしてないやつは、どうもいっぱいあるようだ。

凪あす事件(←今、俺が名付けた)については、当該イベントのアンケートで、いかがなものかという(ことを、もっとマイルドにした表現で)指摘があり、同じ疑問・憤りを持った人がいて、ちょっと嬉しかった。

佐藤秀峰氏の作品のように、適切な引用表示をすれば二次利用できるものがあり、ちゃんとやってる人の雑談を聞く機会が最近あって、そういうのもよかった。

そもそも、横山光輝の漫画:三国志にしても、元画像をどうやって持ってきているのか、こういう怪しいプレゼンテーションを作ったことがないので、見当がつかない。そうはいっても、自分で本からスキャンとかしてるとは、面倒すぎて思えない。もちろん、やってるなら問題だ。(実質)違法にアップロードされたものを使ってるようなケースが多いのだろう。Googleで画像検索すると、いっぱい出てくるし。悲しみは、連鎖する。

[amazonjs asin=”4267870012″ locale=”JP” title=”三国志 全60巻箱入 (希望コミックス)”]

しかし、上記で述べたプレゼンや、SNSの投稿を初めて見た時には特に疑問に思わなかった。プレゼンは、下手したら笑ってしまった可能性すらある。でも、なんだろうな、ある時、やり過ぎたものを見たんだろうな…もちろん、程度問題ではないのだけれど。

それでは。

自分が重きを置くところ

日本大学アメリカンフットボール部発の、危険タックル問題、とても話題になっています。

話題っていう表現は、世の中の雰囲気的にふさわしくないかもしれないですが、正直、自分には当事者意識がゼロなので、そんなものなのです。

一連のゴタゴタを見ていて、最近は、監督やコーチの記者会見の時の司会が、叩かれている気がしました。ちなみに、私は、多忙(仕事とアニメ消化と睡眠)と無関心の結果、その会見は映像を見ておらず、ネットのニュースをチラッと見たくらいです。

この会見が、一般的には評判が悪いことは理解しましたが、「もっとこうするべきだった」みたいな意見は、個人の意見として賛同できることはあっても、それが「正しい」といえるのかは難しいとは思っています。ほとんどの人には理解できないとしても、監督やコーチが守りたいものがあったなんて考え、彼らの立場を(奇跡的に)理解できるなら、あんな会見(!)でも、納得できるかもしれません。

タックルの指示役として、「井上コーチ」という単語(←あえてこう表現)が出てきたとき、僕は架空の人物なのではと思っていました!きっと、多くの人は名前が出てきたときに、「井上、悪いやつや」とか思ったでしょうから、それと比べると、僕の思考って(悪い意味で)ヤバいですよね。

次から次への、面白い新情報が生まれる中、自分の意見や判断基準を持っているかは、時折とても大事になっていると感じます。報道メディアも有象無象ですから、目にする情報をすべて信じていると、矛盾しちゃいますね。

僕は、このタックル問題を見て、

  • 本当に危険なタックルだったので、やった選手には強く反省してほしい
  • 被害者には、お見舞い申し上げる
  • 関西学院大学を「かんさいがくいんだいがく」と読んで、訂正しなかった人は、間違っているので、勉強しましょう(「かんせいがくいんだいがく」が正しい)

こういうことを思いました。関西学院って、関西地域では、トップの私大グループ(いわゆる、関関同立)の一角だけど、関東地域では、それほどでもないんだなと、アナウンサーかコメンテーターが読み間違えているのを見て思いました。(読み間違いの後、まもなく出かけたため、最終的に訂正したかは不明だけど、その場では誰も指摘しなかった)

日大の会見とか、日大が評判を落としただろうということは、僕には当事者意識がなく、興味がないので、心底どうでもいいです。強いて挙げるなら、日大学長の下の名前を見て、食戟のソーマの遠月茶寮料理學園(元!?)総帥である薙切仙左衛門的な重工さだなと思ったくらいです。(もちろん、日大学長の下の名前は覚えてないし、今この場でも調べない)

被害者の怪我が完治できるのかすら、僕はわかっていないのだけれど、怪我を負わせたことは反省しても取り戻せない可能性がある点、疑いのない事実という点で、責められるべきだと思います。

加害者が反省しているかとか、タックルの動機(きっかけ)とかは、僕が本人ではないので、僕が触れた情報に基づき、僕が判断するレベルに過ぎません。なので、ノーコメントに近いです。反省してそうには感じられましたが…

大人の言い分は興味ないのですが、真実と思えなさそうな謎なことを言っているように思いました。井上コーチのミスコミュニケーション発言は、怒りよりは笑っちゃう感じですけどね。

日大のイメージダウン説も、興味ありません。日大は、経営が優秀だと有名ですが、この件で多少なりとも志願者が減るのかもしれませんが、「日大ざまあ」的な収入減まではならないように思います(少なくとも、中長期的には)。日大は、日本電産とかタマホームと並んで、東京ドームの最高のスポンサーの一角だったので、その費用が浮いて…みたいなことはあるかもしれませんし。もちろん、今年はお金は払っても広告出せなくなったと思うのでアレですが。

加害者を雇いたいぜという謎意見もありましたね。

通常の採用選考では、とても会見のような素に近い気持ちをさらけ出すことないから、逆に興味を持ったり、評価が高まったりするのかもしれません。

僕は、悪い大人としてどう考えるかに興味があって、

  • 自分の過ちを素直に反省できる、誠実な人間だ
  • 上の指示に逆らえないヤツだ。鉄砲玉に適しているし、うちのようなブラック企業でも我慢強く働くだろう

果たしてどっちだろう、もしくは俺が気づかない評価軸があるか、なんて考えたりしました。少なくとも、自分が彼を採用するかどうかなんて、考えもしなかったので、とても興味深かったです。

なお、日大の就活生に「迷惑だ」とか「逆風になる」とかのインタビューをとってきた記事も見た気がしますが、もし日大ってだけで選考に悪い意味で影響することがあるなら、それは応募者自身を評価しないでの判断であることだけは、認識しておいた方がよいでしょう。そういう判断は、あり得ると思いますが、“人物重視”とかと謳っていると、矛盾しますね。日大生への面接で、意味もなくタックル問題を引っ張り出してくる面接官がいたら、俺はイヤだな…


興味がないと言った割には、いろいろ意見があった気がします。一番信用できないのは、自分なのかもしれませんね。頑張りましょう。

あっ、あと、“アメフト”だと思ってますけど、“アメフット”って書いてあるのを見て、ちょっと笑いました。

それでは。