オリンピックはじまる!

2020年19月23日に、いよいよ東京オリンピックが始まります。

開会式に先立ち、ソフトボールとか、サッカーは試合があるって聞きました。頑張ってほしいと思うし、応援しています。

そう言えば、東京オリンピックの誘致に躍起だった頃、東日本大震災からの復興を世界にアピールするみたいなことを言っていた気がします。私は時折執念深いところがあるので、忘れません。その大義は、新型コロナウイルス感染症による影響や、運営の不手際など、いろいろな要因が重なり吹き飛んだように感じています。てか、もう誰も言ってないよね。今回、競技として復活するソフトボールが福島であるとか、そういうレベルの実施にとどまるのかもしれません。

東京都の新型コロナウイルス感染症の感染者数が増加している中でオリンピック開幕となり、厳しいスタートになってしまったように思います。中止を主張する者も、後を絶ちません。

このブログをグダグダに書き始めた時点で小山田圭吾氏の辞任が出ていて、ほったらかしている間に小林賢太郎氏が解任となっていました。スゴい……開会式と閉会式は諦めた方がいいのかもしれません。開会式は、もう明日なんだが。

オリンピックは、自分が普段気にも留めないようなスポーツと接点を持つ可能性を持った貴重な機会です。それが日本で見られるチャンスが来るとは、ありがたいものなのですが、いやはや去年の新型コロナウイルス感染症による延期から、残念すぎる感染症拡大のコンボで東京は無観客になってしまいました。チケット当たらなかったんで、、もともと見に行けなかったわけですが。

オリンピックを開催するという判断なのであれば、緊急事態宣言は必須のように思っていました。東京と沖縄に発令されていますが、観点としては感染者数の増加ですよね。オリンピックを開催するということは、海外から多くの選手やスタッフが来日され、どうしてもその中から感染者が出てしまうだろうから、そこに対応するリソースを捻出できるよう、日本の住人は最高の警戒を行いましょうというロジックならわかるんですが、そういう話はありません。残念なものです。
(なお、ロジックとしては正しいとしても、それが狙い通りに守られるなんて、全く思っていません)

どうにしろ、私はね、世界最高レベルのスポーツ競技を楽しみます。それだけです。

それにしても、東京オリンピックが決まった時点から、世論の支持が低かったですね。そして、オリンピックに関わった大きな出来事で、ことごとく変なことが起こりました。新国立競技場のデザイン、大会エンブレム、組織員会の会長……人の悪意が結実しているような印象を受けます。

それにしたって、各場面で騒動に乗っかって石を投げまくった第三者がいたと思いますが、なんか楽しかったのでしょうか。。私は各事象については、マズい点などあったなと思わないではないけれど、基本的には興味の範囲外でした。ただ、石を投げてる第三者はずっと不快でした。愚かなTwitterアカウントを報告することが趣味の一つなので、いくつか対応しました。(その場ではすぐ飽きるので、2~3個しかしないけど)

オリンピック・パラリンピックが無事終わり、いつか振り返った時に「やってよかった」と思える人が、少しでも多いといいなと思います。

もうオリンピック・パラリンピックに込められた多くの大義や意義は、失われてしまいました。その中で、スポーツの意義だけは失われないでほしいです。

それでは。

大きすぎる気がするフィギュアの存在(特に女子)

昨晩、日本時間の未明に女子フィギュアスケートショートプログラムが行われました。

金妍児さんがトップ(?)で、日本選手は鈴木さんの8位が最高だっけか。

金妍児さんは、完璧な縁起に思われましたが、日本選手はみんなミスが出たところがありまして、歯がゆい思いをした方は多かったのではないでしょうか。

真央ちゃんは、ミスの影響で実況の荒川さん曰く、ショートプログラムの規定演技を満たせなかったのがあるみたいでしたね。。
普段では考えられないレベルだったかと…

ちょうど、先週の土曜、朝起きたら羽生結弦が金メダルで、盛り上がったところは盛り上がっていました。

整骨院の先生となぜか女子フィギュアの優勝予想になって、金妍児かなって話に…

別に、応援してるわけではないのだけれど、“完璧に滑っている”という印象があったし、演技構成点も金妍児方が上なんじゃなかったかな…
ドライな意見ですけどね(´・_・`)

(↑自分の中でのイメージで、根拠はないです。申し訳ない)

金妍児との対比はおいておいて、日本は女子フィギュアへの期待が大きく、その実現性をそっちのけで金メダルとるよね感も凄いため、今回のショートプログラムのような結果なんて、誰も予想してなかったでしょう。

団体で注目されたロシアの選手、ジャンプでミスがあったけど5位でしょ。日本のミスの大きさには、本当に辛い。

さて、フリーは翌日(今晩)なわけですが、ショートプログラム終わって、誰かからコメント取れたのですかね…

いやね、フィギュアスケートという競技を無意味に大きくしたせいで、もはや誰も声をかけられないんと違うかと思って…
まぁ、いいのだけれど。

そもそも、演技に期待する人が多いわけですから、フリーでいいもの見せてくれることに期待しましょう。
それで、8位入賞以上の結果が出ることに期待するということで…

もう、閉会も近いのか。寂しくなります。

それでは。

カーリングの応援をしていたらバレーボールを思い出した

みなさん、ソチオリンピック。

昨晩、タイブレークの進出をかけてカーリングの応援をしていました。

負けてしまいまして、予選敗退でしたね。とても残念でした。
一方で5位という成績は長野オリンピックに並んで、過去最高とのことでした。
そう考えると、十分な成果とも言えますね。

報道の方向性でいえば、”カーママ”っていうのが、ちょっと意味分かりませんでした(爆)
代表選手に母親=子持ちの女性がいるということですか??

俺にとっては、みな素敵なレディですよ

他にはですね、吉田選手を”ブサカワ”とか言っている人を見つけてしまいました。

本当に失礼なやつや…どう見ても、カワイイやないか!

取り乱しました。

成績を振り返りますと、4勝5敗でしたね。
勝ち星を見ていくと、まぁその…小野寺さんが復帰してからの2連敗が、とても痛かったと思われました。

世界の上位の中に入っての総当たりですから、強豪ばかりで大変なわけなのですが、金星を挙げる一方で、実力的に負けてはいけないチーム、そうですね、戦績的にはアメリカなどに負けてしまった、世に言う取りこぼしを起こしてしまっていたのですねぇ…

これは、長らく低迷したバレーボールの大会を見ているようでした。

まぁ、カーリングの方が金星率高い感じがしましたけどね。

「強い」ということは、より強大な敵を倒すということが当然あるわけですが、抑えるべきものを完全に抑えるということも一つでしょう。

もっとも、”取りこぼし”なんて言ってはいけませんが…

カーリングって、しっかり試合を見るチャンスが意外と多くないですからね。オリンピックは試合が多くて、本当に楽しめました。

男子も、頑張ってほしいです。

それでは。