4月1日あたりに気になること

4月1日になりました。

年度の節目という方が多いと思います。学年や事業年度の変わり目ですし、メディアのクール変更のタイミング、プロ野球開幕付近ということもあり、芸能関係で所属の変わり目でもあります。

今年も、自分の興味の分野では、小倉唯がアトミックモンキーに移籍というのが世間的にも大きな注目を集めたようです。小倉唯はスタイルキューブから移籍したころから、僕もこういう大人の世界に多少興味を持つようになりました。いろいろ事務所を渡り歩いていますが、比較的有名なところに来たなと思いました。

他には、三澤紗千香(三澤さん)がスターダストに移籍、すわわ(諏訪ななか)がアミュレート退所というのがありました。すわわは、今後のことが明確になっていないので、ちょっと気になっています。コロンビアから歌手デビューしており、新曲がアニメ主題歌になっているとかありますが、僕がもっとも好きなラジオ番組の一つである「井澤美香子・諏訪ななかのふわさた」が、なんとしても長く続いてほしいので、身分がしっかりしていた方が、根拠のない安心を得られるというのがあるので……これからも応援しています。

芸能に携わる方が引退するにしても、何らかの形で報告があるのは素晴らしいことです。4月半ばくらいになると、事務所のWebページからプロフィールが消えた見たいなネットニュースが出てきて、引退や退所が明るみ出る案件もあるでしょう。僕の経験上は、レギュラーの仕事(毎週のラジオなど)が終了する過程で、その人自身の活動も消えるというのをよく経験しました。そんな感じで好きだった歌手を何人か失ったと言ってもいいでしょう。

4月の改編は大きく、ラジオ番組もいろいろあります。

そうは言っても、2021年4月期の変更において、自分にとって痛いものは少なかった気がします。

山崎怜奈の誰かに話したかったこと。」でメッセージを読んでもらったのですが、女優の橋本愛ちゃんが「橋本愛の、ここにしかないどこかへ」が終わったことです。ナイター開始に関連していったん終わりらしいですが、信用できません(爆)始まって4ヶ月の番組なのですが、大変素晴らしく惜しくて惜しくてたまりません。もっとも、橋本愛ちゃんは今年の大河ドラマに出ているなど、忙しすぎて諦めたとか言ってくれれば諦めがつくのですが、、ナイターの影響というなら、編成が仕事できなすぎだろと思いました。

特に、長く続いた番組が終わったというのが印象です。走れ歌謡曲、ミューコミプラスなど界隈では話題になっていたと思います。しかし、文化放送の地上波はなんだか迷走しているような……CultureZは聞いてないです。。Z世代じゃないし(爆)しかし、月末月曜日に放送される「CultureZ SP 楠木ともりのThe Music Reverie」はメチャクチャいい番組で聞いています。これ、毎週やってた時期あったのにな。。番組開始から半年のタイミングでCultureZが始まることになって膝から崩れ落ちたのですが、月1回放送で助かったと思ったものです。まぁ、ともりさんが大変みたいなこともあったのかもしれないので、あまりこだわらないことにしました。

あと、改編でいえば、Nack5は残念なところでした。20:00からの大型番組は、僕の中ではNack5を聞くことが多く、The魂と被る時間があるNHK FMの「ミュージックライン」が南波志帆MCになってから、ゆったん(斉藤優里)以外の日は奪われていきました。今回、ゆったんの芸能界引退の影響もあるのでしょうか、帯で番組終了になりました。

20:00からは新しく3時間の帯番組が始まりますが、そのメインMCがフレッシュさがなくて……バカボンさんが悪いのではないですが、先祖帰りする人選には正直残念でした。僕は、この時間帯はNack5を聞かなくなる予定です。

新しい出会いを楽しみながら、失ったものに執着しすぎず頑張りましょう。

それでは。

鈴木みのりのこの先を勝手に考える

マクロスΔのフレイア・ヴィオン役、鈴木みのりさんが、アーティストデビューした。ラーメン大好き小泉さんのオープニングだ(たしか)。

[amazonjs asin=”B078HGHVCR” locale=”JP” title=”【早期購入特典あり】FEELING AROUND(CD+DVD)(初回限定盤)(複製コメント&サイン入りブロマイド付)”]

みのりさんは、カードキャプターさくらクリアカード編の詩之本秋穂役でもご出演。カードキャプターさくら声優とは、期待の現れがハンパない。

戦術音楽ユニット・ワルキューレは、いい歌を歌っていて、そこは好きだった。アニメが面白かったかは、、評価が難しい。この時の鈴木みのりさんは新人声優だった気がする。相当頑張っただろう。あと、ちょうどマクロスΔやってた頃は、東山奈央の主役級作品が多すぎて狂ってた気がする。

鈴木みのりさんのキャリアを妄想するうえで、やはり中島愛なしで語ることはできない。マクロスFで、きら星のごとく現れたランカ・リー役の中島愛。昭和のアイドルや、アメリカンプロレスが好きなど、渋い趣向でまめぐの愛称で親しまれる彼女だが、ランカ以降、歌は毎回抜群だが、プリキュアときみまちくらいが主役級で、声優として売れ続けたとは言い難い状況だ。

いよいよソロの歌手活動が本格化していくわけだが、ラーメン大好き小泉さんからの、カードキャプターさくらクリアカード編の主題歌。これまた高い期待の表れでしょうか。

[amazonjs asin=”B07B11BZMS” locale=”JP” title=”リワインド/Crosswalk (さくら盤)”]

ところでクリアカード編って、何クールやるんだろう…原作は読んでいないので、展開をあまりわかってないが、クリアカードはクローカードとカードの能力が違うので、カードを思いつかなくなったあたりが勝負どころか。

中島愛を声優として意識して見た大役は、ヴァイオレットエバーガーデンの姫様(役名は忘れた)ですが、シンプルによかった。泣いた。中島愛は、プリキュアやったし、声優としての評価が低いのではなく、歌手としての評価が高すぎる状態だと思っている。あと、瀬尾公治先生が、中島愛のことを好きだと思う。『君のいる町』のアニメで主要キャラクターだったし、歌手復帰作は、風夏のエンディングな上に、作詞を先生自らが手がけていた。このくらいは許されてもいいのではないか(爆)

何はともあれ、声優としての成果をどのくらい出せるかなんだと思う。期待したいですね。

なぜか盛り上がるあの人の出番

先週…でしたか…声優の阿澄佳奈さんがご結婚ということで。

ニャル子ちゃんが、ついに真尋君と!

と、一部で妄想が膨らんだことでしょう。

他にはどうですか。

ワーキングの種島ぽぷらさんとか、たまゆらの塙かおるさんでお世話になりましたね。はい。

事務所が同じで同い年な加藤英美里さんも祝福されていました。

俺も同い年や、混ぜてくれ!

一時、男性声優で見られました、結婚発覚からの炎上謝罪があったものですが、キッパリしていたこともあってでしょうか、問題とかなさそうで何よりに思います。

俺は何様なのだろうか…

そうそう、たまゆらのイベント映像など見ていて、阿澄佳奈さんが、僕の先輩のひとりによく似てるように見えるようになり、そこに声の傾向と、笑い方および通常時のテンションも近いと感じられるようになりました。
声優として人気なのを別にしても、モテるタイプや…

くうぅぅぅ~

ネット界隈の盛り上がりでは、“次こそは大坪由佳さん”でしたね。

阿澄さんの先輩でいらっしゃり、それこそ何があってもよい年齢ですから…

まぁ、余計な心配ですよね。。
自分と結婚するわけでもなし。

これからもいい声聞かせてほしいものです。
それでは。