鈴木みのりのこの先を勝手に考える

マクロスΔのフレイア・ヴィオン役、鈴木みのりさんが、アーティストデビューした。ラーメン大好き小泉さんのオープニングだ(たしか)。

[amazonjs asin=”B078HGHVCR” locale=”JP” title=”【早期購入特典あり】FEELING AROUND(CD+DVD)(初回限定盤)(複製コメント&サイン入りブロマイド付)”]

みのりさんは、カードキャプターさくらクリアカード編の詩之本秋穂役でもご出演。カードキャプターさくら声優とは、期待の現れがハンパない。

戦術音楽ユニット・ワルキューレは、いい歌を歌っていて、そこは好きだった。アニメが面白かったかは、、評価が難しい。この時の鈴木みのりさんは新人声優だった気がする。相当頑張っただろう。あと、ちょうどマクロスΔやってた頃は、東山奈央の主役級作品が多すぎて狂ってた気がする。

鈴木みのりさんのキャリアを妄想するうえで、やはり中島愛なしで語ることはできない。マクロスFで、きら星のごとく現れたランカ・リー役の中島愛。昭和のアイドルや、アメリカンプロレスが好きなど、渋い趣向でまめぐの愛称で親しまれる彼女だが、ランカ以降、歌は毎回抜群だが、プリキュアときみまちくらいが主役級で、声優として売れ続けたとは言い難い状況だ。

いよいよソロの歌手活動が本格化していくわけだが、ラーメン大好き小泉さんからの、カードキャプターさくらクリアカード編の主題歌。これまた高い期待の表れでしょうか。

[amazonjs asin=”B07B11BZMS” locale=”JP” title=”リワインド/Crosswalk (さくら盤)”]

ところでクリアカード編って、何クールやるんだろう…原作は読んでいないので、展開をあまりわかってないが、クリアカードはクローカードとカードの能力が違うので、カードを思いつかなくなったあたりが勝負どころか。

中島愛を声優として意識して見た大役は、ヴァイオレットエバーガーデンの姫様(役名は忘れた)ですが、シンプルによかった。泣いた。中島愛は、プリキュアやったし、声優としての評価が低いのではなく、歌手としての評価が高すぎる状態だと思っている。あと、瀬尾公治先生が、中島愛のことを好きだと思う。『君のいる町』のアニメで主要キャラクターだったし、歌手復帰作は、風夏のエンディングな上に、作詞を先生自らが手がけていた。このくらいは許されてもいいのではないか(爆)

何はともあれ、声優としての成果をどのくらい出せるかなんだと思う。期待したいですね。

なぜか盛り上がるあの人の出番

先週…でしたか…声優の阿澄佳奈さんがご結婚ということで。

ニャル子ちゃんが、ついに真尋君と!

と、一部で妄想が膨らんだことでしょう。

他にはどうですか。

ワーキングの種島ぽぷらさんとか、たまゆらの塙かおるさんでお世話になりましたね。はい。

事務所が同じで同い年な加藤英美里さんも祝福されていました。

俺も同い年や、混ぜてくれ!

一時、男性声優で見られました、結婚発覚からの炎上謝罪があったものですが、キッパリしていたこともあってでしょうか、問題とかなさそうで何よりに思います。

俺は何様なのだろうか…

そうそう、たまゆらのイベント映像など見ていて、阿澄佳奈さんが、僕の先輩のひとりによく似てるように見えるようになり、そこに声の傾向と、笑い方および通常時のテンションも近いと感じられるようになりました。
声優として人気なのを別にしても、モテるタイプや…

くうぅぅぅ~

ネット界隈の盛り上がりでは、“次こそは大坪由佳さん”でしたね。

阿澄さんの先輩でいらっしゃり、それこそ何があってもよい年齢ですから…

まぁ、余計な心配ですよね。。
自分と結婚するわけでもなし。

これからもいい声聞かせてほしいものです。
それでは。