『氷菓』が実写化という意味を考える

『氷菓』が実写映画化されるということは、今年の春先だったでしょうか、事実として報道されていました。

先日、キャストが発表になったということで話題に!

山崎賢人と広瀬アリスのW主演で「氷菓」実写化(映画ナタリー)

人選には、問答無用でツッコミが入っちゃいますね(^_^;)ネットでも騒がれていました。
自分でも、「また山崎賢人か」と思ってしまいます(^_^;)
まぁ、いいではありませんか、広瀬家でも姉ちゃんの方だったんだから…(僕が、広瀬家ではアリス派なだけ)

山崎賢人のことはおいておいて、“「氷菓」の実写化”と聞いて、どんな中身になるか、想像をしましたか!?!?
真剣に考えたら、多少ドキドキすることがありました。

まず、「氷菓」は、本質的には米澤穂信先生の古典部シリーズ第1作目のタイトルです。

[amazonjs asin=”4044271011″ locale=”JP” title=”氷菓 (角川文庫)”]

この古典部シリーズを、京都アニメーションでアニメ化して、「氷菓」と名付けられました。
Boxは僕も買いました。

[amazonjs asin=”B00OZC2IWC” locale=”JP” title=”「氷菓」BD-BOX Blu-ray”]

また、コミカライズもされていて、こちらも「氷菓」となっています。
新作OVA(Blu-ray)がセットで発売されたときは買ったなぁ。そのエピソードは、BOXにも収録されています。

[amazonjs asin=”B0140I57JG” locale=”JP” title=”氷菓 コミック 1-9巻セット (カドカワコミックス・エース)”]

今一度考えてみましょう。“「氷菓」の実写化”と聞いて、元ネタをどこに求めましたか??
僕は、アニメを思い出したのです。

なんだか、言葉遊びのようですが、本質的には、人気ミステリーの古典部シリーズを実写化し、(これもまた)「氷菓」と名付けた訳です。

こう解釈すると、僕は冷静になれます。
でも、文字通りアニメの氷菓を実写化するということなら、僕はこういう。

失敗する(≒絶対にアニメの方が面白い)

『氷菓』と題された原作を実写化する立場というのであれば、内容としては、古典部の作成する冊子が「氷菓」と名付けられた理由の話がメインとなるでしょう。
その一方で、古典部のメンバーが集まった事情や、千反田さんの「気になります!」などなければわけがわかりません。どこまで丁寧にやるかの問題ですが、映画1本でおよそ2時間とした場合、脚本のお手並み拝見となるでしょう。(別に、俺は見に行くなんて言ってないけど…)

アニメを見た限りでは、学園祭(カンヤ祭)のエピソードが、面白すぎて頭を抱えるレベルだったので、ここが実写化されるのであれば、そこはかとない拒否反応を持つかもしれませんね。

氷菓がライトノベルかどうかという議論があったそうです。
そんなん、KADOKAWAに聞けやというと議論になりません。
自分の見解を示すと、ラノベって、共通したタイトルをナンバリング(1巻、2巻、3巻…)したり、サブタイトルをつけたりで刊行していくイメージです。氷菓は、“古典部シリーズ”の最初の作品であり、シリーズ刊行作品は全部タイトルが違いますから、ごく通常の小説(ミステリー小説)というのが適切に考えます。

古典部シリーズの最新作、「いまさら翼といわれても」が発売されました。
電子書籍化もされたので買いました。
まだ読み始めたばかりですが、やはり好きなものはワクワクしますね。

[amazonjs asin=”4041047617″ locale=”JP” title=”いまさら翼といわれても”]

それでは。

遙か自由な話

Free!の最終回、第1期の奇跡とは違い、リアルないい話でした。

安心した!

気になったのが、CMで境界の彼方劇場版が来年春に予定ということで、ドンと出てきたことです。

僕の情報が遅いのかは分からなかったのですが、またやるならアニメだろうと勝手に思っていたので、やや驚きました。

もっとも、新作のお話なのでしょうか。人は疑い深い生き物ですからね。うんうん!

最近は、アニメ作品が劇場版で出てくるケースが増えてきた気がしています。
この方向性って、かつてはテレビドラマで見た気がするのですが、今はドラマがさらに映画になるって、思い当たるものがありません。
相棒くらいでしょうか。そうでなければ、ライアーゲームしか思い至らないので。

境界の彼方と言えば、京都アニメーション様なわけです。
今年の春にたまこラブストーリーという、アニメはおいておいてとても面白い映画を作ってきたので、原作から京アニが関わるところで、味を占めたのかもしれません。

個人的には、古典部絡みで原作小説『ふたりの距離の概算』が映像化されていないので、早くやれよと思っていることもないこともないこともなくってよなのですが、KADOKAWAの商法でしょうか(爆)

さて、冬は映画アイカツ!なのだけれど、アイカツ!薄毛おじさんとしては、ハニーたちに恐怖を与えずスマートに観賞する方法をめちゃくちゃ考えてムダに終わる生活が見える。

まだまだ死ねないですね。
それでは。

さよなら妖精

最近、珍しく小説を読んでいました。

ミステリである。青春である。

米澤穂信先生のTwitter面白いと思っているうちに、読んでない面白そうなやつを見つけたのでした。

ちなみに、世に言う古典部シリーズは全部読んだんだぜ。

超ガチガチな(?)ミステリではなく、なんて言うか、青春グラフィティなわけです。
ということで、高校生の感情を想像しながら読むというのが適切な作品だと感じました。

まぁ、自己投影する対象の境遇とかはいろいろあるのですが、この作品は人物の感情描写が少なめに感じられまして、その結果、自分が人物の感情を推し量る行為を楽しめたと思います。

それにしたって、こうして自分以外の人の気持ちを真剣に考えてみると、人間って本当に思慮深いなぁと思ってしまいますね。

そんな意見でいいのだろうかと思うのですが、気持ちとしてはその通りでございまして。
高校生がこれほど思い巡らすのに俺は…って話になり、そうして、自分は人のことを思いやるなんて、とてもできそうにないと絶望するものでした。

う~ん。
切ないです。

最近は、またひとつ危険な思考を持つようになってしまいました。

本当に幸せになったなら、そこで全てが終わってしまうような気がする。

生きて成すべきことがありますわぁ。

氷菓関連より、深刻な話であるが、フィクション制は感じられると思います。

それでは。