劇場版アニメ『君の膵臓をたべたい』を見た

『君の膵臓をたべたい』を見に行った。

ここ最近のアニメ映画活動で言えば、『未来のミライ』を見に行こうと計画していた日に『劇場版コード・ブルー』を見た。『未来のミライ』は、芳しくない評判をネットで目撃し、それが妙に自分に刺さって、結局見に行かないことにした。なので、見ていない。

次に、『ペンギン・ハイウェイ』があるが、こちらは公開後、むしろ興味が強まったが、なんかもう行かないことにしそう。何でかはわからない。

そして、『君の膵臓をたべたい』の順番が回ってきた。ちなみに、この作品の原作である小説は読んでいない。実写映画は見に行っていないし、先日地上波で放送していたのも見なかった(厳密には、北川景子らしい人が出ていたのを3分ほど見たくらい)。
そういう意味で、作品に縁がなさそうだし、涙が出るような話だという噂に対して、これまでの特報やCMを見る感じだと、「画が軽いかなぁ…」という謎の玄人感覚だけもっていて、あまり興味は持っていなかった。しかし、公開が近づいてくると、主題歌やオープニングテーマが、「ヲタクに恋は難しい」で今年最高クラスのオープニングを演出したsumikaが担当していることが、まず自分の興味を引きつけた。

『君の膵臓をたべたい』のオープニングテーマだ

次に、主演:山内桜良役のLynnちゃんである。そこそこに早い段階で発表されていた気がするが、Lynnちゃんへの理解を深めたのは、毎週月曜23:00からBS11で放送しているアニゲーイレブンである。2018年3月いっぱいで初代MCである久保ユリカが退任、どうなることやらと思っていたところの2代目MCである。シカちゃんに匹敵するモデルのようなルックス(Lynnちゃん、メッチャ顔が小さい)。番組内で、全力で叫ぶような謎なコーナーとかが、刺さって好きになった。基本美人なら何でもいいかもしれない。
調べてみると、Lynnちゃんの初主演アニメは、伝説の作品『競女!!!!!!!!』ということだった。好感度が上昇した。

そこに加え、劇場版公開直前のアニゲーイレブンには、親友の恭子役:藤井ゆきよさんがゲストとして登場した。藤井ゆきよさんと言えば、最近は重大な役も少なくないが、自分の中で一番最初に認識したのが、『ログ・ホライズン』のてとら役である。藤井ゆきよさんを調べたら、椅子から飛び上がるレベルで美人だった。美人でたまげた声優は、雨宮天ちゃん以来である。雨宮天ちゃんが、リスアニTVで見せた浴衣姿、あれ事件だからね。なお、藤井ゆきよさんは、1985年生まれだ。そう、、俺とお似合いな年齢なのである…

Lynnちゃんとゆきよさんとくれば、もうよこしまな気持ちで映画一本見られるかもしれない…そんな感じで劇場に足を運んだ。本当は、金曜日の夜にレイトショーにでも行こうと思ったら、昨日(2018年9月7日)は、1日特殊な仕事をしていて、その影響で缶ビールを2本飲み、お腹いっぱいになってしまうという失態(もしくは至福)をやっちまい、帰りの電車でうとうとする状態だったので諦めてしまったというか、レイトショーがあるかどうか自体確認しなかった。で、翌日の土曜日のレイトショーにでもしようかと思ったら、上映がなかったので日中の回にした。公開2週目であるが、上映が1日2~3回のようだ。結構上映作品が多いみたい。それなりに入っていたように思えたので、滑りまくってる訳ではないだろう。ただ、作品としては、使い回しと言わざるを得ない部分もあるかもしれない。

前置きが長くなったが、作品の感想を少し書いておこうと思う。もし仮に、あなたがネタバレを気にする人だったら、そういうことだ。よろしく…

まず、見に行ってよかったと思った。もうね、メチャクチャ泣いたよね。上映時間の30%くらいの時間(中盤以降、ほとんど全部)泣いていたかもしれない。こんなに泣いたの、あの花の劇場版を見に行った時以来だと感じた。

桜良に共感したところがあった。僕の人生観に「人生は選択の連続」というのがある。元ネタとしてはシェイクスピアの『ハムレット』が挙げられるが、どこで聞いて僕自身の指針としたかははっきり覚えていない(『 ハムレット 』でないことは間違いないが)。ワーディングは多少違うが、桜良の人生観が「選択」によるものであることが、桜良自身が春樹によく語っていた。それを見ながら、「わかる。俺もそんな風に考えている」と思いながら、いろいろな感情を抱いていた。

それと同時に、「ああ、俺はこの人生観が、頭の中からすっかり抜け落ちて生きてしまっている時間がなんと多いことだろうか」と考えていた。桜良には、確かな死が迫っているからこそ、生きること・人生へのスタンスがクリアに存在していたのではないかと思った。そういう意味で、僕の場合は余命宣告されるか、上記の人生観を常に忘れない心の持ちようを手に入れる必要があると思った。結局のところ、目先の快楽のことか、目下の不満に、注意をそそぎすぎているんだと思う。
作品のどの人物に自分に投影するようなことはなかったんだけど、 桜良はどういう気持ちで人生を全うするかは注目してみていたと思う。まぁ、桜良と同じような日常を僕が過ごすことは、極めて困難ではあるのだけれど。
いろいろはなくって、この人生観への共鳴を元に、展開される桜良と春樹の人生が、僕にたたみかけてきたんだと思った。

僕は評論家ではない。後は、もうネタっぽいことで終わろう。
まず、本編上映前のCMタイムで、「小説家になろう」のCMが流れた。ネットに接続できる環境があれば、小説家になれると主張していた。僕は、その時から職業を小説家としようと思った。
本編冒頭、路面電車が走ったところだけを見て、「これは、広島のお話なのか…」と思った。そして、新幹線での福岡旅行を見て、ますます広島であるという認識を強めた。答え合わせとして、スタッフロールをいつも以上に注意してみていたが、福岡がらみの何かが流れていくのだけ見えて焦ったが、その後に富山県の何かが流れた。調べてみると、富山県高岡市を舞台としているらしい。なるほど、駅前の様子が自分の記憶の中にないものなので、納得がいった。なお、路面電車が出てくると、舞台を何でも広島にしてしまう俺の思考はなんとかした方がいい (なお、岡山は正しく判断できるので間違わない) 。しかし、高岡市だとして、福岡に行くのが電車なのか…大阪とかに出てから新幹線だと思うので、スゲエ大変だったと思う。だから、広島であれば新幹線で福岡に行くことが容易に想像できて、俺の理解を強化したのだった(結果的に間違っていたが)。
CMで少し流れていると思うが、花火のシーンが、すごくキレイでよかった。打ち上げ花火は、横からでもなく、下からでもなく、丘の上から見るものである。
春樹役の高杉真宙さんは、本業が俳優の方だということだった。もし、本業が声優だったら、俺の中で内山昂輝と同じ方向性を感じた。しかし、大泣きするシーンがあるんだけど、あれやばかったなぁ(俺も泣いちゃうじゃんって意味。まーじーでー、声が出そうになっちゃうからやめてね(爆))。。
桜良が亡くなったところの話は、本当にビビった。作品的には、きっと賛否が分かれるシーンだったのではないかと思うのだが、俺はどうこう言うつもりはない。なお、劇中で語られることはなかったが、犯人の心当たりは一人だけいる。
ガム君と恭子が恋仲になったらしいというのは、想定外だった。実際、ガム君って、普通にいい人だったようなので。人は見かけによらない的なことを表しているキャラクターの一人だったと思う。なお、春樹と恭子がデキたら、批判的な第三者として、俺はちょっと引いただろう。。。。(実際は、問題ないとは思うよ)
恭子って、もっと丁寧にキャラデザ作っておいた方がよかった気がした。何だろう、桜良と比べて、表情の物足りなさが気になったので。いや、その作画崩壊のように批判される方向で、もっと凝った感じがほしかったなって…ゆきよさんが美人すぎたのなら、仕方がない。

こんなところだろうか。入場者特典で、書き下ろし小説をもらいました。
なお、他の人に見に行った方がいいよとかとは勧めることはないが、最近面白かったものは何かという質問を受けたら、この映画のことを語るくらいに俺は楽しみました。原作を読んでみようと思ったし、ブルーレイが出たら買う可能性が高いと思う。実写版映画は見ない。面倒だから。

僕はまた、難しい判断の場にいると思う。悔いのない選択ができるといいな。

それでは。

恋は難しいので、恋をしない3D

今期(2018年4~6月クール)も、続々とアニメが最終回を迎えている。

今期は、恋愛ものが多様で、楽しめたと思う。

勝手なイメージかもしれないが、リアルガールとヲタ恋は、早々に主人公が付き合い始めて、交際中の話が展開するタイプの作品。「こいつ~(ハート)」 と思いながら見るのにはちょうどいいですね。

多田恋は、最終回に向けて切なさが高まってきました。古き良き恋愛ものという雰囲気です。

ちなみに、格別恋愛ものを見たくてこうなったわけではない。最近は、時間と気力と時間と体力と集中力と気力とレコーダーの残り容量が足りないので、視聴・録画を絞っていますが、上記3作品は縁があったので見ました。多田恋は油断して1話をぶっ飛ばしてしまったので、後でamazonプライムビデオを活用しました。

  • リアルガールは、神田沙也加が出てると聞いたので(えぞみち役)
  • 多田恋は、放送開始前に、アニゲーイレブンにヒロイン:テレサ役の石見舞菜香ちゃんがゲスト出演していて可愛かったのと、自分に影響を与えてきた下地紫野様がメインキャラ(アレク役)で出演することを知ったから
  • 万一駄作でもちゃんと見ることにしているノイタミナ枠であり、オープニングが非常に優れていたから

大概適当な理由である。もちろん、どれも原作を知らないし、読む気もない。

リアルガールは、実写映画化かつ2期決定。力を入れているコンテンツだ。ヒロイン五十嵐色葉が、俺が勝手に思っている芹澤優のイメージにぴったりで、ドハマり。俺すら疑問に思うレベルで「作画が崩壊している」という指摘がされた作品だが、そんなことがどうでもいいレベルで、セリコに首ったけ。2期も楽しみ。

多田恋は、大好きな声優である小澤亜李ちゃんがヒロインをやった超面白アニメ:月刊少女野崎くんのチームが担当していることを、最近になって知った。「主人公役、まーた中村悠一やな」と思ったとか思わなかったとかありましたが、野崎くんと同じスタッフ陣とすると、なぜか納得(苦笑)なお、多田恋には、ニャンコビックという猫が出てくるのだが、これがcv.亜李ちゃんなのだ。思い出しましたね、俺史上最高アニメランキング第3位グループの一角を担うふらいんぐうぃっちで、アルというハムスターをやっていましたね。マジで、亜李ちゃん x 小動物いいね~。

ヲタ恋は、オープニング主題歌であるsumikaの『フィクション』が、今期のアニソンで最高だった。

[amazonjs asin=”B079VC4X68″ locale=”JP” title=”Fiction e.p(初回生産限定盤)(DVD付)”]

sumikaは、「君の膵臓をたべたい」のアニメ映画の主題歌も担当するそうで、引き続き注目だ。しかし、キミスイのそこはかとないイメージに対し、テレビCMで確認できる画の感じが、軽すぎる気がする。。俺の無知か、作品はそういう決めつけを打ち破ってくると思っておこう。
ヲタ恋は、とにかく主人公グループの会話が面白かった。適切なボケとツッコミの関係に、ヲタクという新しい軸がうまく混ざっていたと思う。A-1 Pictures制作も、作品に安定感をもたらしていた。同じクールにペルソナ5やってんだぜ?全然関係はないのだけれど、リアルガールが非難されてもしょうがないよな。
こちら、まだまだ映像化が続いてほしいと思わせる展開で終了している。終盤にこーくんという、引っ込み系のヲタクが現れた。男のように思われたが、女性であるようだ。友達になったなおちゃんに、自分が女性であることを言えてないままなのである。これ、なおちゃんとこーくん、付き合うまであるのではないか。こーくんから告白するパターンで…

こーくんの性別については、僕も直感的に疑問に思うところがあった。

女性でいてほしかったという願望が、ちょっと弱いな(爆)

俺は、公私ともにうまくいっていないので、せめて見ていたアニメのキャラクターには幸せになってほしいところです。多田君もな、幸せになってほしいんだけど…厳しそうだなぁ。最終回、応援している。

それでは。

[amazonjs asin=”B07BYKX2DX” locale=”JP” title=”【Amazon.co.jp限定】 多田くんは恋をしない 1(第1巻早期予約特典:アニメ描き下ろし「多田くん」フラットクリアファイル&ミニタオルセット 付)(全巻購入特典:アニメ描き下ろしイラスト使用B1布ポスター 引換シリアルコード)(イベントチケット優先販売申込券) Blu-ray”]

懐かしき往年のヒーローたち

ルパン三世のアニメ新作が放送開始などありますが、気がついたら、懐かしい作品が新しくなったり、続編が出たりしますね。
結局、カードキャプターさくらでしょ!

取り乱しました。

今期、グッときているのは、キャプテン翼でしょう。
三瓶由布子さんが大空翼をやり、エンディングの『燃えてヒーロー』も歌うわけですよ。胸が熱い。

それにしても、キャプテン翼って、アニメでどこまでやったのか、全く記憶がないのですが、今回はどこまでやるんでしょう??エンディングには、若林源三が南葛のユニホーム着てるとかは流れちゃってる気がしたので、日向小次郎と対戦するくらいまではやるのか…

自分の記憶的には、ロベルト本郷の顔を見て、「ロベルト」までは出てくるけど、「本郷」までは思い出さないレベルでした。

現代の技術で蘇るキャプテン翼。大空翼と岬太郎のゴールデンコンビによる、二人で一緒に蹴るシュート、どんなになるでしょうね。あれって、必殺技の効果としては、超ブレ球だよね??俺が思うに、前方に強い推進力を出しつつ、お互いの足を蹴らないミートをするって、とんでもなく難しいと思うんだ…やっぱ、あいつらはすげーよ。

あと、今期で個人的に楽しみにしていたのはメジャーセカンド。諸般の事情で第1話を吹き飛ばしてしまったけれど、やはり楽しんでいます。

吾郎の息子が仮に才能を受け継がなかったタイプ、寿也の息子が才能を受け継いだタイプとしたら、思い出すよね、ガンダムAGE。ウヒョー!

小学生で才能がどうこうとか言っちゃうと、夢がなくて微妙な気持ちになるけれど、破天荒な成長を遂げたおとさん(吾郎)と比べてどんな成長を遂げるのか、楽しみです。MAJORは、NHKでも異例のロングランで7期やったと記憶していますが、メジャーセカンドも長く続くといいですね。原作次第でしょうけど。

2話で、若干以外に思ったは、吾郎の奥さん薫です。薫に片思いしていた身としては、怖いお母さんを想像してたんだけど、野球の試合中は、怒ることなくただ応援してたのは意外でした。でも、ずっと本多を応援している清水ですからね。しゅき…

キューティーハニーがあったり、妖怪人間ベムがあったり、北斗の拳みたいなのがあったり。他には、恋をしない人や、恋が難しい人もいる。

大変な世の中ですね(?)
それでは。

僕が6Gのプランを選んだのは

無事にドコモからMVNOでIIJmioに移りました。キャリアメールに紐付いちゃってるぽいマクナル(マクドナルド)のメールが受け取れなくなった以外は、特に困ることはなかったと思います(^_^;)

2017年11月が、違約金なくキャリアの2年縛りを解除できるタイミングでした。
あぁ…って思っていたら、あっという間に11月が半分過ぎていったので、11月中によそに移ることは断念し、とりあえず縛りのないプランに変更してみることにしました。

最新のドコモ契約では、データ通信の最小である2Gを選ぶと、通話は立派なカケ・ホーダイが強制された謎仕様だったのですが、縛りなしのプランに変更する際、通話サービスも変更できたので、カケホじゃないけど、基本料安いのにしました。

まぁ、僕もなんとなく、15年以上使ったドコモとの別れとか、ケータイメールとか考えて、基本料金ダウンしたら続けちゃいそうとか思っていたら、2年縛りあった頃の方が、月額700円くらい安かったという、縛りマンセーな事態を目の当たりにしました。

「私たち、しばらく会うのよそっか…」と言ってから、2週間くらいで別れたカップルみたいな話ですね。

モバイルナンバーポータビリティの転出申込みはWebで出来たし、思い立つとすぐ行動できたのはよかったです。
なお、SIMロックの解除もWebだけでできました。

12月5日くらいで、IIJmioのキャンペーンが区切りだったので、同じのが延長されるかどうか待っていたら、1年通信量1Gおまけで、さらに月額300円引きと、なんか神っぽいキャンペーン始まっちゃったので、よかったです。

音声通話機能付きで、データ通信6Gで、エコネクトのWi-Fiオプションを付けて、税込みで3,000円くらいのはずです。雑に計算しても、ドコモの半額なのだ…

IIJmioは、データ通信が3Gのプランもあります。ドコモにいた頃は月間2Gで通してきたのですが、Instagramとかが、どんどんリッチなことをはじめて、いきなり動画再生なんかはじめるもんだから、2Gを使い切って数日低速を楽しむことがでてきました。3Gあればよさそうだったのですが、なんだかんだ安いからではなく、思うところがあって6Gにしました。

従来通りの使い方なら、3Gで足りるわけですから、余剰であろう3Gは新しいことに使えます。僕は、それをradikoや超A&Gアプリに費やそうと考えたのです。もっとも、超A&Gアプリは、あまりにもアプリの動作がむごいので、作った人にあったら、力の限り罵倒しそうで心配ですが…

まぁ、これまでウォークマンの仕事だった外出時のラジオ試聴を、スマホ経由にするという話です。

ラジオ試聴の環境でいうと、AMキー局のFM放送開始と、radikoのタイムフリー登場が、最近のトピックでした。

どっちもほんとデカかったですね。2015年の12月に、ワイドFMと称してサービスを開始して、僕がやるようになったのは、文化放送の人気番組乃木坂46の「の」を聞くようになりました。特に、今の放送枠である日曜日18時なんてのは、大概家にいないので、ウォークマンで聞けるようになって、ちゃんと聞くようになりました。(その結果、推しが増えたとか…)

radikoのタイムフリー機能は、2016年10月に登場したときは衝撃でした。放送から1週間以内の番組を、再生開始から3時間(現在は、再生から24時間以内で合計3時間まで)振り返りで聞けて、料金は無料なんですから。これ、マジな話それなりの課金を課されても、使ったと思いますよ。裏かぶりの番組に対応できるとか、マジ神ってますね。

ラジオ界隈の高機能化が進む中、超えられない問題としてあったのが、ウォークマンのラジオ放送視聴は、ワイヤレスのヘッドホンではできないことです。音楽再生するtことと事情が違うことが大きな要因です。とはいえ、僕の通勤経路は基本的日常だったので、北千住駅構内で高速列車の通過待ちをしているときに、ラジオ受信がうまくいかない車両に乗っていることがあるくらいです。

そんな中、僕は引っ越しすることを決めてしまいました。今でも、正しいことではなかったのではないかと、頭を抱えています。その結果、幾ばくかの地下鉄経路による通勤をする必要が出てきました。地下では、ウォークマンを使ったラジオを聞くことができません。これはなんとかしなければ…そこで目を付けたのが、radikoだったわけです。

さて実際にそうしたところで、2Gを使い切る傾向にあった私が、当時のドコモ料金を維持しながら、スマホのradiko利用を積極的に実行することは難しいと考えました。果たして、月額料金を上げてまで、使いたいのか…俺は迷いしか無かった。

そんな中ですよ、格安SIMに乗り換えれば、毎月のデータ通信量を上げても、料金が下がるではありませんか。マジで、うまい話すぎて、疑う必要があるレベルです。でも、今のところ、そうではないようです。

そういうわけで、6Gしたのは、radikoを活用した場合に十分まかなえる通信容量を確保するためだったのです。まぁ、3Gではほぼ毎日活用すると厳しかったのでということで。もし、、6Gで足りないということがあれば、10Gにもできるし。

じゃぁ、スマホでradikoということになると、ウォークマンとのイヤホン付け替えがめんどくせぇなぁということを思っていたところ、ソニーのノイズキャンセリング対応オシャレワイヤレスヘッドホンが、ヨドバシカメラのゴールドポイントカード・プラスの毎月の優待販売に登場したのです。価格コムの最安値より有利な値段だったので、勇気をだして購入しました。一応、、ノ○マにいって、メガネの上から試着してもしんどくないかだけは確認しましたが。

[amazonjs asin=”B0756KYF6W” locale=”JP” title=”ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン h.ear on 2 Wireless NC WH-H900N : ハイレゾ/Bluetooth対応 最大28時間連続再生 密閉型 マイク付き 2017年モデル グレイッシュブラック WH-H900N B”]

この2017年モデルから、2016年モデルでは最上位モデルにしか搭載されていなかった「クイックアテンションモード」と「アンビエントサウンド(外音取り込み)モード」に対応したのも、よかったですね。このヘッドホン、右側のパッドにセンサーが搭載されていて、タップしたり指をスライドさせたりすると、一時停止とか次の曲とか操作できるんですね。クイックアテンションモードというのは、右のパッドを手のひらで覆うと、一瞬でヘッドホンの音量を大きく下げてノイズキャンセリングを解除し、外部音声を聞き取れるようになる機能です。これは、初登場したときにソニーストアで体感して、スゲエって思ったんですが、さすがに4万オーバーのヘッドホンを買う気持ちにはなれなかったので。時代は、前進しました、

ヘッドホンは、実戦投入していますが、概ね満足できますね。最初、Bluetoothの接続が不安定なのか、雑音が入ることが多かったので、くじけそうな時もあったのですが、いくらか使っているうちに馴染んできました(笑)ワイヤレスは、本当に快適。慣れると戻れませんね。

これが、2017年最後のブログ投稿になりました。
2018年は、月に1回以上は更新しようと思います。根拠とネタがありません。俺、別にTwitterでネタを消費しちゃっているタイプではないんですがね…

それでは。