そしてもう店は開かない

家から駅までの途中にある中華料理屋が、「しばらく休みます」という貼り紙を出していたが、閉店することになったという貼り紙に変わっていた…と思う。(荷物が多く、急いでいたのでちゃんと読まなかった)

前住んでいたところの、最寄り駅その2駅前にあった中華料理屋、1度か2度利用したことがあり、特別問題なかったのだが、「しばらく休みます」からの廃業、その後居酒屋に居抜きされた。

韓国焼き肉のお店は、ある春先に「しばらく休みます」という貼り紙が出て、旅行にでも行くのかなとか考えていたが、3ヶ月くらいしたら、内装をはがす工事が始まった。その後は、、調剤薬局になった気がするが、ここだったかな…思い出せんぞ!

創業40年(うる覚え)とかの老舗中華料理屋があった。途中、店舗を改装し、ここは適度に客もいた。(すまん、私は行ったことがない)ここも、しばらく休みますという貼り紙が出たのだが、前述の通りなので、そのうち開だろうと思っていた。(すまん、復活したら行こうとは思っていない)内装をはがす工事が開始された。今は、ラーメン屋だったか、近いジャンルの飲食店に生まれ変わっていたはずだ。

こういうことばかりあると、期限のない休みが、廃業の隠語のように思えてきた。それとも、俺が通りかかるが、ろくすっぽ入店しない韓国・中国系の飲食店は廃業するみたいな、疫病神説か。

もっとも、単純に儲かってなかったというのはあるだろうが、老舗が突如として閉店するのは、なんとも言えない。
今年の春、とある居酒屋が突如として閉店する内情を知る機会があったのだが、いろいろあるのだ。

目先を変えると、今年は、アイドルグループの解散が多いという分析がある。それなりの活動期間をもつ中堅と言えそうなところが、発展的に(?)解散している気がする。そうでもないかもしれない。興味深いのは、メンバーの卒業(脱退)ではなく、グループ自体が活動を終えるところが目立つ点だろう。

不思議なもので、グループを解散した後、ひとりでアイドルを名乗ろうとする人がいない気がする。タレントが近いのだろうが、アイドルの本業と感じられるのは、歌って踊ることなので、タレントとなると、そこがメインではないのだろう。鈴木愛理は貴重である。山本彩にも期待しかない。

メンバーの卒業でもそうだが、芸能の道に残らない人も増えた気がする。そうすると、一般的な学業の節目や、キリのいい年齢や活動期間は、決断の時期なのだろう。

「推し(アイドル)は、推せるときに推しておくべき」という意見がある。いつ辞めるかわからないから、活動しているうちに、見に行ったり、応援したりしろという考え方だ。サイレントマジョリティーになるな的な??違った??
一理あるが、僕は考えを改めるほどは共感はしなかった。なぜなら、「あの時見に行けば」という後悔の念を一切持たず、「見に行かなかったのは、自分にとってそれほどでもなかったという証拠」というスタンスを確立していたからである。

飲食店でも同じ考えだ。今年の4月に閉店した家系ラーメン屋があった。閉まることは把握していて、最後に1杯も考えていたが、土日はランチがギリギリ終わっているようなタイミングでしか出かけなかったし、仕事帰りにも寄らなかった。最終営業日にラーメン100円をやっていたが、それにも意志を持って行かなかった。そういうことなのである。

ただ自分は、この自分の意志・決断に誇りを持っていたいなとは思う。外的要因で、どうしても自分の希望が叶わないこともあるからだ。

自分が知る・関わる範囲の人が、一見ネガティブな決断をしたときに、その先に新しい何か、もしくはよりよい何かを掴んでくれたらと思う。

妙にそれっぽいことを言ってきたが、あって当然と思っていたものが急に無くなることになったからといって、未練がましくするのはいかがなものかという話。

でも、人間の存在(命)は別格かもしれない。だからって、日々覚悟して生きようと言いたいわけではない。たまに振り返って、悔いが少しでも残らないようにしていきたいなとは思う。ほとんどできていないと思うけど。

それでは。

右へ放つ夢の軌跡

二岡智宏が引退を決めました。お疲れさまでした。

二岡は、比較的好きな選手でした。

特徴的なのは、やはり天性の手首の強さを存分に発揮した右方向へのホームランですね。

彼が巨人に入団してから、3番ショートを期待される能力の持ち主でした。

僕の中で、堅実なショートの守備の中でも、スローイングのフォームに特徴を感じていました。
僕が通っていた高校の一年先輩のキャッチャーの人がいて、その人のキャッチボールでの投げ方が、二岡の守備に似ていたようにみえ、そのように称したものでした。

意味のないエピソードだ…

二岡は、松井秀喜等にも引けを取らない勝負強さを発揮し、印象的なサヨナラホームランなどもあった…そんな気がする。

日ハム移籍後も、やはりケガが少なくなかったのが悔やまれますね。
一方、代打での強さが素晴らしく、打率とか考えれば、某虎の神様は霞んでしまいますね…(^_^;)
なぜか、人はその事実に気が付かない。

思えば、桧山進次郎、前田智徳に続く代打の神様が引退したわけですか…

浅く、スキャンダルに二岡を理解するなら、広陵→近畿大学ときて、当然にカープ入団の期待だったが、ジャイアンツに行ったという裏切り説ですとか、某モナさんとの不倫トレード説などありましたね…
そこそこどうでもいいことでした。

落合、清原の次に僕が見いだした、右方向にホームランを打つ右バッター。今後の活躍にも期待したいです。

それでは。

去るもの未練残さず??

昨日は前田智徳の引退試合でした。
ライトを少し守ったようで、それは驚きましたね。お疲れさまでした。

宮本内野手は、今日がホームの引退試合でしたっけ。お疲れさまでした。

やっぱり、引退試合とかセレモニーして止められるというのは大きいですね。
特に、この二人はひとつの球団で第一線で戦い続けた選手ですから、引退の寂しさははかりしれません。

小池の引退はちょっとビビりました。
今、ベイスターズの外野はなかなかの激戦ですから、森本稀哲同様、厳しい状況でしたね…

引退もありますが…

戦力外の選手密着のため、TBSがアップを始めました…!

今のところ、、有力なのは川上憲伸と榊原諒でしょう。

しかし、憲伸戦力外は引いたなぁ…
規約いっぱいの減俸で1年契約かなとか思っていたので。。
首にするなら、なんで1軍で先発させたんや…

憲伸の前に朝倉だろという声が聞こえる。。

FAでは、中田賢一が盛り上がっています。

お買い得とか、止めてやれや!

他には、広島の大竹とか、西武の涌井とか。

しかしだ、大竹に関しては、報道の中に“広島にFA残留”みたいなことを言ってるのがあったけど、広島はFAしたら残留させないはずかと…

内川の時だけが空前絶後の超対応だっただけで、FAは取らないという方針の方がはるかに強いかと。。
もしや、そういうことを考慮しない方が己の思想で…!

鳥谷はどうすんだろ…

気になっているのは、小笠原道大です。

今年の巨人のスタメンを考慮すると、ファースト・サードともに、現状のパフォーマンスでは難しく…
私、気になります!

クライマックスシリーズ導入から、日本シリーズが終了するまでの期間が長くなりましたよね。10月下旬ですから…

中日の契約更改は寒くなりそうだ。。
冬が近いです(´_ゝ`)