オリンピックはじまる!

2020年19月23日に、いよいよ東京オリンピックが始まります。

開会式に先立ち、ソフトボールとか、サッカーは試合があるって聞きました。頑張ってほしいと思うし、応援しています。

そう言えば、東京オリンピックの誘致に躍起だった頃、東日本大震災からの復興を世界にアピールするみたいなことを言っていた気がします。私は時折執念深いところがあるので、忘れません。その大義は、新型コロナウイルス感染症による影響や、運営の不手際など、いろいろな要因が重なり吹き飛んだように感じています。てか、もう誰も言ってないよね。今回、競技として復活するソフトボールが福島であるとか、そういうレベルの実施にとどまるのかもしれません。

東京都の新型コロナウイルス感染症の感染者数が増加している中でオリンピック開幕となり、厳しいスタートになってしまったように思います。中止を主張する者も、後を絶ちません。

このブログをグダグダに書き始めた時点で小山田圭吾氏の辞任が出ていて、ほったらかしている間に小林賢太郎氏が解任となっていました。スゴい……開会式と閉会式は諦めた方がいいのかもしれません。開会式は、もう明日なんだが。

オリンピックは、自分が普段気にも留めないようなスポーツと接点を持つ可能性を持った貴重な機会です。それが日本で見られるチャンスが来るとは、ありがたいものなのですが、いやはや去年の新型コロナウイルス感染症による延期から、残念すぎる感染症拡大のコンボで東京は無観客になってしまいました。チケット当たらなかったんで、、もともと見に行けなかったわけですが。

オリンピックを開催するという判断なのであれば、緊急事態宣言は必須のように思っていました。東京と沖縄に発令されていますが、観点としては感染者数の増加ですよね。オリンピックを開催するということは、海外から多くの選手やスタッフが来日され、どうしてもその中から感染者が出てしまうだろうから、そこに対応するリソースを捻出できるよう、日本の住人は最高の警戒を行いましょうというロジックならわかるんですが、そういう話はありません。残念なものです。
(なお、ロジックとしては正しいとしても、それが狙い通りに守られるなんて、全く思っていません)

どうにしろ、私はね、世界最高レベルのスポーツ競技を楽しみます。それだけです。

それにしても、東京オリンピックが決まった時点から、世論の支持が低かったですね。そして、オリンピックに関わった大きな出来事で、ことごとく変なことが起こりました。新国立競技場のデザイン、大会エンブレム、組織員会の会長……人の悪意が結実しているような印象を受けます。

それにしたって、各場面で騒動に乗っかって石を投げまくった第三者がいたと思いますが、なんか楽しかったのでしょうか。。私は各事象については、マズい点などあったなと思わないではないけれど、基本的には興味の範囲外でした。ただ、石を投げてる第三者はずっと不快でした。愚かなTwitterアカウントを報告することが趣味の一つなので、いくつか対応しました。(その場ではすぐ飽きるので、2~3個しかしないけど)

オリンピック・パラリンピックが無事終わり、いつか振り返った時に「やってよかった」と思える人が、少しでも多いといいなと思います。

もうオリンピック・パラリンピックに込められた多くの大義や意義は、失われてしまいました。その中で、スポーツの意義だけは失われないでほしいです。

それでは。

珍しく飲み会

昨晩、僕にしては珍しく、スーパーマーケットに行くことをやめて、飲みに出かけました(爆)

不本意なことに(?)、僕はえらいしゃべってましたね。
これは、反動ですよ。

年が変わってくらいから、自分のこと、また何も話さなくなったからなぁ…

最近は、本当に何も感じない設定になってしまいましたからね。

これまでの自分の選択の多くは、自分にとって間違っていました。
これからは、やり方を変えていかなければ…

しかし、飲んだ翌日、朝がキツイ気がしました。
祝日でよかった。

そんなことより、、明日・明後日・明明後日が休みであることを希望する!

大火災

有楽町駅あたりで燃えたということで、東海道新幹線が爆死、山手線にも大きな影を落としました。

私は、東海道新幹線の影響をもろに受け、関東凱旋用の新幹線は新大阪止めに強制変更されます。

新大阪からは、臨時の東京行きを多数は知らせるという妄想
が、本当に妄想のままで終わるレベルで臨時便など用意の気配がなく、新大阪発の単なる遅延新幹線のデッキにいます。
自由席で座席ねらいだったら、まだ新大阪だったかも…

本来なら、14時には東京でしたが、今でさえ新横浜を目指している途中です。

自今の決まった(やましい)予定がなかったことだけは幸いですが、非常に疲れているし、駅員に詰めるよるようなこともしましたねぇ…

俺はバカで、頭に血が上りやすいので、デタラメだと感じたことには厳しいのです。

わかったこととしては、JR東海と西日本では、連携が取れていないこと、品川で折り返し運転を実施するオペレーションは、事実上機能不全であることでしょう。

そもそも、一番最初に説明があった対応策は、品川駅からの折り返しでした。

これは、実質的に、ほとんどの上り新幹線の乗客に対応できる可能性があり、よい案でしたが、実施されたのは、東海の営業区間、新大阪と品川の間だったのです。

西日本の新大阪止めも似たようなもので、山陽新幹線の営業区間で運転を取りやめたのです。

2時間以上遅延したので、特急券は払い戻しになります。7千円弱では報われませんね。。

さて、火事ですが、原因はなんなのでしょう。
パチンコ屋やゲームセンターという説がありますか、いずれも営業時間外だったようです。
火の不始末があったか、それとも放火か。真相究明が急務です。

仮に、放火だとした場合、どのくらいの規模で損害賠償請求が起こるのでしょう。
払い戻しが実際に発生していることを踏まえると、人生が簡単に没落する規模でしょう。
放火ならば、刑事的にも酷い事件ですし。

今はただ、影響を受けたみなさまのご健康を願ってやみません。

無事に着きますように。