AMD Radeon RX 5600 XTを買った

MSIのRadeon R 7を導入して久しかった私。

スペックというか、したいことはできるスペックではあったのですが、動画編集に手を出そうと考えたため、アップグレードすることを考えました。

そうは言っても、長らくビデオカードを買い換えるということを考えておらず、あまりお金をかけたくないと考えてしまいました。

私がRadeonを導入したのは、当時Fluid Motionという機能を使いたかったというのがありました。動画をよりなめらかに表示することができるRadeon独自の機能で、この機能をPowerDVDで使って、「アニメのブルーレイの字幕が読みやすい!」という謎な楽しみ方をしたものです。

ということで、ビデオカードに関しては、ややAMD信者だったので、今回もRadeonで考えました。

最初、RX 5500と迷いました。一応現役バリバリのモデルで、ミドルスペックに入るかどうかくらいを考えました。できれば3万円切りたかったのですが、そこは諦めることにしたのです。

5500、5600、5700辺りで悩み、5600でなんかお得に感じるのが見つかったので、SAPPHIRE PULSE RADEON RX 5600 XT 6G GDDR6 (SA-RX5600XTPULSE-6GBGDR6/11296-01-20G)にしました。

最近は、4Kモニターを使っていて、たまに表示がしんどくなることがあったのですが、乗り換えてからは問題なく動くようになりました。まだ動画編集で使えてないので、これから頑張りたいと思います。

このビデオカードを買ってから気がついたのですが、Fluid Motionの機能はRadeon 5700以降では使えないそうで、今回のRX 5600でも使えませんでした。えっ!と思ったんですが、、、、、PCで動画はそれほど見てないしなぁとか、主には動画編集で力を発揮してほしいからというのがあったので、別に問題ありませんでした。

もっとも、Fluid Motionがないなら、、NVIDAのGeForceでもよかったなと、選択肢を狭めてしまった自分を責めました。少しだけ。

お気に入りポイントの一つは、再度のSAPPHIREのロゴが赤く光ることです。そこかよという感じではありますが、もっと光ってオシャレなやつは高くなっちゃって、何にお金をかけているのかわからない印象がありました。でも、このモデルは、RADEON RX 5600 XTでは最安クラスで、鉄板のSAPPHIREですからね。ロゴが光るのがちょうどおまけという感じでよかったというわけです。

ビデオカードは、しばらく追っていなかったのですが、最近はハイエンドを中心に、光る冷却ファンを搭載し、縦向き設置をすることで、そのファンを見せるというやり方もあるのですね。びっくりです。

動画編集とか頑張って、使い倒してやろうと思います。

それでは。

AMD Ryzen 7 5800Xを買った

私は、長らく(?)Radeon 5 1600を使っていました。

購入した頃の発想としては、ミドルスペック狙いで、AMDらしさをなぜか感じた6コアのものということでした。

テレワークが増え、自分のPCを利用する時間も多くなったところ、エクスプローラーが頻繁に(1日1回以上)固まる現象に悩まされるようになり、PC全体をアップデートしようと考えるようになりました。

そこで、新しく発売されるRyzen 7 5800Xで組み直すことにしました。

自分はデスクトップは自作していますが、それほど熱心ではない方なので、解体前のPCでベンチマークなどとっていませんでした。比較ができず、ちょっともったいなかった…

CINEBENCH R23をやってみました。あんま、わかってないので、スコアがいいのかは不明です。

ただ、自分の利用PCの環境上、Radeon 5 1600の頃は大抵20~30%で推移していたCPU使用率が、Ryzen 7 5800Xにしてからは2~3%に落ち着きました。これはよかったと思ったものです。

これだけパワフルならと期待したのですが、エクスプローラーが固まる現象は、現時点で再現しています。一日使って起こらない日もありますが。あと、固まってから復帰するまでは、Ryzen 7 5800Xの環境の方が速いです。

一方で、休みの日にPCを使っている限りは、エクスプローラーが固まる現象はありません。なので、仕事で使っているソフトウェアが残念な可能性が高いのではないかと思っています。

ちょうど、プレイステーションでゲームを配信し、できあがった動画を編集するというのをやってやろうという気持ちになっていたこともあって、ちょっと立派なCPUにしてみたかったというのも、上手く実現できたと思います。発売の時に買えるかどうか不安でしたが、ツクモのネットショップでなんとか発注できました。当日は仕事を休んで秋葉原に行くべきかも悩んだのですが…(^_^;)

でも、調べてみたら、Ryzen 7 5800Xは、翌日(土曜日)でも秋葉原で買えたみたいでした。うーん、在庫がどうかまでは見通せなかった。

CPUの話が深まったら、またブログに記録しようと思います。

キリトとユージオとアリスを想い”52.68.96.58″

【ご注意】この記事には、「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」の最終話(23話)およびそれまでの過程の内容を含んでいます。

桐ヶ谷和人の父親「お前の口から聞いておきたいことがある。結局、本命は誰なんだ。」

和人「それは……決められない。俺はいろいろな仮想世界で、いろいろな女性と出会ってきた。それはリアルワールドともシンクロし、恋人と言える存在(結城明日奈)もいる。でも、決められないんだ。オヤジもわかるだろ、男なら。」

「ソードアート・オンライン アリシゼーション」シリーズが、4クールの放送期間で終了しました。

ぶっ続けで4クールやると思ったら、War of Underworldに移行する際に、間が空くとは思いませんでした。そこで、ズッコケた視聴者は、きっと私だけではなかったでしょう。

一方で、A-1 Picturesは相当頑張ったのではないかと推察します。特に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響に関しては、「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」の放送開始が1クール遅れたとは言えるのですが、僕はちゃんと気がついています。

A-1 Picturesは、2020年4~7月クールを「かぐや様は告らせたい」の第2期を予定通り制作・放送することに全力を尽くしたのだと。

さて、「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」の最終話には、キリトの父親と母親がでてきました。多分、初めてだったと思います。てか、アニメでありがちな兄と妹の二人暮らし設定なのだと信じていました。。

しかし、キリトのオヤジは急にエモいこと言いましたね。多分、、大手メーカーの部長職だ。

最終話中に、あるサーバのIPアドレスとして、「52.68.96.58」が出てきました。

こういう番号は自在するものを出すと突撃されるのが現代の世の中です。そして、52.68.96.58は、実際に存在するIPv4アドレスです。ARINのWhoisで検索してみるといいです。Amazonが管理しており、Amazon Data Services Japanに割り当てが行われているものだとわかります。

"52.68.96.58"Whois検索結果Whois検索結果の抜粋

Webページなどを見る際、人間はドメイン名の形式で認識します。アリシゼーションのアニメのWebであれば、https://sao-alicization.net/ という感じです。

コンピューターは、ドメイン名ではなくIPアドレスで、通信先を特定します。WebサーバのIPアドレスがわかれば、IPアドレスで直接そのサーバーにアクセスすることができます。なので、ブラウザのアドレスバーに”52.68.96.58″だけ打ち込んで、エンターするといいです。そこで、何が出てくるのかは…ここではやめておきます。

アリシゼーション編は、設定によると2026年6月とのことです。だいたい6年後ですね。

6年後でも、IPv4アドレスが普通に使われているのですね!!

IPv4アドレスは、配る数がなくなっており、もう新しくゲットすることがほとんどできない状態です。ここはIPv6アドレスにしてほかったのですが、、まぁIPv6アドレスの表記が長いとか、制作側でIPv6アドレスを知ってる人がいなかったとか、2026年の時代背景的にほとんどIPv6アドレスへの移行が終わっているけれど、あえてこのサーバーはIPv4アドレスでの接続性のみつけているといったことが考えられました。

アリシゼーション編は、楽しめたと思います。途中、ユウキが出てきて、ズルいなと思いました。やっぱ、ユウキは泣けるし、いつでも僕を励ましてくれます。最後、アンダーワールドは、グラディウスみたいになってましたね(^_^;)

シリーズとしては、プログレッシブという新しいアニメプロジェクトも始動ということで、楽しみにしておきたいと思います。

それでは。