Androidからおサイフケータイの情報を削除する

Pixel 6(Sorta Seafoamの256G)を買い、2年10ヶ月ぶりに機種変更することとした。

Pixel 6 Proの方がよかったかもしれないが、値段が違うので難しい。違いが少なそうで、意外に多いかもしれないのも難しい。買ってから、いろいろ気づくようになった。よくあることだ。

私が注文した時は、事前予約中だったものの、納期が11月24日辺りで、おいおい~感があった。発売日付近になった頃、納期が早まったというネットニュースがあったので、その頃から、1日に1億回くらい納品日が早まっていないか確認したのだが、ある日1週間早まって11月15日くらいになり、さらに11月3日頃にもう一度早まり11月5日になって、11月5日に届いた。

データ移行が終わったので、初期化をして、Pixel 3は買取に出すことにした。Googleストアでは一部のメーカー端末については下取りプログラムがあり、端末注文時に申し込みできるのだが、下取りプログラムで端末を送らないことでキャンセルできるので、申し込みはしておいた。下取りの上限額要件はハードルが低いものの、いつもデバイス類等を売却するときに使っているソフマップ(ラクウル)の買取上限額の方が高いため、高額売却を目指し、下取りプログラムの方が高い見通しになったら、そっちに回そうと考えた。

スマホを売却するのも2年10ヶ月ぶりですっかり忘れていたのだが、おサイフケータイ(FeliCa)の情報を削除しないと、買い取りしてもらえない。覚えていたような忘れていたようなことだ。

おサイフケータイ系のサービスは、端末同士をケーブルに繋げてのデータ移行では上手くいかないので、マジメに機種変更作業を行う必要がある。私はモバイルSuica・楽天Edy・nanacoモバイルと、メルペイ経由のiDを使っていた。結論から言うと、このメルペイがくせ者だった。

機種変更にあたり、モバイルSuica・楽天Edy・nanacoモバイルでは、機種変更手続きや引き継ぎ設定を行った。これらは、その対応(移行先での受取・設定手続きも含むようだ)で旧端末におけるおサイフケータイ情報が削除されるので、特別考えることはなかった。

メルペイに関しては、iDを引き継ぐみたいな考え方が、私になかった。新端末でログインして、新端末でiD設定を行い、それで満足した。もちろん、新端末での利用はそれでよかった。そうです、旧端末ではiDを使う設定にしてあるのがほったらかしなのでした。

それに気づかず、秋葉原のソフマップで、無事に端末が返却になってしまい、結局秋葉原で、カツカレー食べて、近江屋洋菓子店でクリスマスケーキの予約をして、ブルーボトルコーヒーでカプチーノ飲んだだけになった(楽しんじゃってる)。

とんかつ憶って有名だと聞いておりまして、いっぺこっぺ名でカツカレーを主力とする店があることも知っていて、わりと最近秋葉原にいっぺこっぺができたことも知っていたので、一度くらい行ってみたいと思っていたところです。正直、100億年ぶりくらいの秋葉原ご帰宅だったので、買取査定待ちの間に田中そばに行こうとして、4人くらい待ちだったので、なんとなく通り過ぎてあまり行かないところを進んでいたら、いっぺこっぺが見つかって、すぐ入れそうだから入店したというわけでした。

上ロースかつカレーにしました。おいしかったです。カツカレーって、カツにカレーをかけて食べるのが普通だと思うのですが、このように無傷でカツが乗っていると何が正しいのかわからなくて混乱しました。カツを半分ぐらい進めた後、ソースを少しかけて食べました。邪道と言われるかもしれませんが、あまり後悔していません。なお、定食も展開していたので、次行くときは定食にすると思います。テーブルに塩が4種類あり、塩で食べるとんかつに力を入れている気がしたからです。

この後、ヨドバシで電子レンジと炊飯器とデロンギの全自動コーヒーマシーンを見て、ああああああと思い、充電池のストックないから買っとかないといけないかだけ思い(買い忘れ)、ソフマップで買取できないという結果と端末の返却を受け、近江屋洋菓子店に行って、ブルーボトルコーヒーでカプチーノを飲んだ。

何を調子に乗っているのか、ブルーボトルではドリップコーヒーばかり飲んでいたので、初めてのカプチーノだった。カプチーノでもベースの豆をブレンドかシングルオリジンで選べた。ブレンドにした。ブレンドの方が安いからそうした(おい)。

家に戻り、旧端末を改めて立ち上げて、おサイフケータイ情報の削除を試みることにした。わからなくなったら、下取りで幕引きしてしまえるので、退路があり、精神的には楽だった。

なお、おサイフケータイ情報が削除されている状態は、”おサイフケータイのメモリ使用状況”が「未使用」ないし「全部0」になっているということ。まず確認したところ、「利用中」と出た。これは、おサイフケータイアプリを立ち上げ、左上のハンバーガーメニューから「サポート・規約」→「メモリ使用状況」と進めば表示される。なお、Googleアカウントにログインしていないと表示されないようだったので、端末を初期化する前にやった方がよい。私は、売却のために初期化済みだったので、改めてログインをした。まぁ、ログインしていないとGoogle Playストアが使えず、ネックになっているアプリのインストール(今回はメルカリ)ができないので、結局解決されるだろう。

おサイフケータイアプリのメニューには”機種変更手続きのご案内”というのがあり、これがわかりにくいページに感じた。メモリが「使用中」だけ表示されても、何がネックになっているのかがわからず、私の経験や勘に依存するからだ。しかも、このページにはメルカリ(メルペイ)への言及がない。私はiDのマークにピンときて、そう言えばメルペイのiD設定を何もしていないと思った。

そこで、検索してみたところ、メルペイのiD設定を削除する手続きがメルカリのアプリ上でできることを見つけた。

iD情報を削除したい
https://www.mercari.com/jp/help_center/article/577/

これをやって、おサイフケータイアプリからメモリ使用状況を確認したら、未使用になった。やはり、メルペイのiD設定が残っていたのだ。これで私のPixel 3は……ゴクリ。

もちろんだが、メルカリ等、C2Cで端末を売却する場合も、このようにおサイフケータイ情報の削除はきちんとしておいた方がよい。私の場合は、私自身で個人情報の消去がプロレベルでできないのではという考えで、信用に足る業者に売却することにしている。


Pixel 6のタイミングでは、Xiaomi 11T Proが間もなく発表されるということもあって、その動向を見てからの決断となった。とはいえ、、Pixel 6の予約ができるようになった段階で、Xiaomiの選択肢は実質的に私からは消えていたと思う。なぜかというと、Googleストアの下取りプログラム対象メーカーに、Xiaomiがなかったからだ。ここに入らないメーカーはリセールバリューが低く、優れた選択肢ではないと思った。Xiaomiだって売り飛ばせると思うが、HUAWEIが突如村八分になったようなリスクが付いてまわるのかもしれない。なお、XiaomiはAndroidベースの独自OSを採用しており、メイン機にするには個人的に不安であるとも思っている。。

あと、SIMフリーのXperiaの新型もあったが、ソニーはSIMフリーの分野で端末を売る気がないなと改めて思った(高いのと、キャリアモデルの型落ちをメモリ強化等で濁して出してくる姿勢が気に入らない)ので、ドコモ時代はよく買ったが、もう二度と買わないだろう。


私の中で、Pixel 6は前途多難でスタートした。ある程度決着したら、備忘録を兼ねて書き記しておこうと思う。

それでは。

AMD Radeon RX 5600 XTを買った

MSIのRadeon R 7を導入して久しかった私。

スペックというか、したいことはできるスペックではあったのですが、動画編集に手を出そうと考えたため、アップグレードすることを考えました。

そうは言っても、長らくビデオカードを買い換えるということを考えておらず、あまりお金をかけたくないと考えてしまいました。

私がRadeonを導入したのは、当時Fluid Motionという機能を使いたかったというのがありました。動画をよりなめらかに表示することができるRadeon独自の機能で、この機能をPowerDVDで使って、「アニメのブルーレイの字幕が読みやすい!」という謎な楽しみ方をしたものです。

ということで、ビデオカードに関しては、ややAMD信者だったので、今回もRadeonで考えました。

最初、RX 5500と迷いました。一応現役バリバリのモデルで、ミドルスペックに入るかどうかくらいを考えました。できれば3万円切りたかったのですが、そこは諦めることにしたのです。

5500、5600、5700辺りで悩み、5600でなんかお得に感じるのが見つかったので、SAPPHIRE PULSE RADEON RX 5600 XT 6G GDDR6 (SA-RX5600XTPULSE-6GBGDR6/11296-01-20G)にしました。

最近は、4Kモニターを使っていて、たまに表示がしんどくなることがあったのですが、乗り換えてからは問題なく動くようになりました。まだ動画編集で使えてないので、これから頑張りたいと思います。

このビデオカードを買ってから気がついたのですが、Fluid Motionの機能はRadeon 5700以降では使えないそうで、今回のRX 5600でも使えませんでした。えっ!と思ったんですが、、、、、PCで動画はそれほど見てないしなぁとか、主には動画編集で力を発揮してほしいからというのがあったので、別に問題ありませんでした。

もっとも、Fluid Motionがないなら、、NVIDAのGeForceでもよかったなと、選択肢を狭めてしまった自分を責めました。少しだけ。

お気に入りポイントの一つは、再度のSAPPHIREのロゴが赤く光ることです。そこかよという感じではありますが、もっと光ってオシャレなやつは高くなっちゃって、何にお金をかけているのかわからない印象がありました。でも、このモデルは、RADEON RX 5600 XTでは最安クラスで、鉄板のSAPPHIREですからね。ロゴが光るのがちょうどおまけという感じでよかったというわけです。

ビデオカードは、しばらく追っていなかったのですが、最近はハイエンドを中心に、光る冷却ファンを搭載し、縦向き設置をすることで、そのファンを見せるというやり方もあるのですね。びっくりです。

動画編集とか頑張って、使い倒してやろうと思います。

それでは。