大豊泰昭を偲ぶ

中日・阪神で活躍された大豊泰昭さんが、急性骨髄性白血病で亡くなったそうだ。
51歳。

残念で仕方ない。ご冥福をお祈りします。

中日ドラゴンズファンとしては無名な私ですが、大豊には思い出があります。

生まれて初めてプロ野球を見に行ったのが、小学5年か6年かはっきり記憶がしないけれど、広島市民球場でした。

三塁側でしたがカープファンが多く、カープの先発だった近藤がフォアボール出すと、「近藤、国へ帰れ。広島に帰れ。」という悪い意味の野次をしていたおっさんなどおり、そうなんだなと思ったものです。

スクワット応援はその頃もありましたね。
緒方や野村や前田がいい頃だったと記憶します。そして、佐々岡は抑えだった。

当時のドラゴンズと言えば、立浪和義、アロンゾ・パウエル、大豊泰昭がクリーンナップに並び、今中と山本昌でした。

未だ現役の選手がいるとは!

僕は今中が好きでして、その日の先発は今中だったので嬉しかったです。

打たれて負けたのだけが悔やまれる。

大豊はホームランバッターでございまして、打撃練習から違いました。
最初は軽めに打っているのですが、段々力が入っていくと、ライトスタンドに何球も連続で放り込むのです。あれを見ていると、期待しちゃいますね。

実際、最初の打席でライトスタンドにホームランを打ちまして、感動しました。

その時の近藤に対する野次。カープファンはそういうものだと僕は定義したものです。

歴代まれにみるアベレージヒッターであったパウエルもホームランを打ち、空中戦的によかったんですが、効果的に点が入らなくてね…

と言うわけで、大豊は僕にとって公式戦で初めてホームランを教えてくれたヒーローみたいなものです。
(その試合、パウエルもホームラン打ちました)

きっと天国でもライトスタンドに連発してるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください