2022年4月からのオールナイトニッポンパーソナリティを勝手に予想する

なんか、オールナイトニッポン0の発表会が開催されるということで、後出しにならないうちに予想していきたいと思う。

今回、番組終了=パーソナリティ卒業が決まっているのは、以下。

  • ENHYPENのオールナイトニッポンX(月曜24時~)
  • 菅田将暉のオールナイトニッポン(月曜25時~)
  • ファーストサマーウイカのオールナイトニッポン0(月曜27時~)
  • YOASOBIのオールナイトニッポンX(火曜24時~)

月曜日は3枠全部交代、火曜日はYOASOBIの卒業となった。

ENHYPENは韓国から届けているということで、Xの時間帯では一番挑戦的だったが、コロナの影響が大きいと感じられる、なかなか海外アーティストの人気が伸びる社会情勢ではなかった。惜しいと思う。

菅田さんは、忙しくなりすぎた面が大きいでしょう。メインが俳優というところで、歌手活動が始まったところで、オールナイトニッポンパーソナリティになったということで、担当された5年間で本当に素晴らしい活躍だった。私はあまり聞かなかったけれど、菅田さんの力に引っ張られて、あいみょんさんや石崎ひゅーいさんなど、世間の評価が非常に高まったアーティストなども思い浮かびます。あと、米津玄師をラジオに引っ張り出した成果も大きい。僕は、番組終了までにあいみょんと米津玄師をもう1回引っ張り出そうと調整していると予想している。

ウイカさんは、任期満了感があった。番組イベントや土手ジャージ販売など、一通りのことができたし、彼女自身他のラジオレギュラーもあることから、双方バランスを考えた面があるのではないか。番組イベントは、、ちょっとケチがついたような報道がありましたが…

YOASOBIのオールナイトニッポンXは、続けてほしいという思いがあった一方で、毎週の生放送はキツいんじゃないかとも感じていた。なお、YOASOBIに関しては、これから番組イベントがあるので、僕はそこでニッポン放送内で30分もしくは1時間枠の収録番組がスタートすると予想している。自信はある。根拠はない。なお、番組終了までに、日向坂46の潮紗理奈さんをゲストに読んで、ikuraちゃんと仲良くなってほしい。

さて、世間の注目は、特に月曜1部(月曜25時~)に集中している。ここには、私は成田凌が就任すると予想する。ニッポン放送は、挑戦的なパーソナリティ発掘のために、日々テスト(特番放送)を行った上で、固い人選をする傾向にあると思う。成田凌は、特番経験がある。それに加え、素晴らしいラジオ愛(リトルトゥースであることや、佐久間宣行のオールナイトニッポン0のリスナーであることは有名)を持っている。そして、多様性を重視しているように見えるオールナイトニッポンパーソナリティ陣において、菅田さんの俳優枠を継続するのにピッタリだ。成田凌案は、僕はかなり自信があるし、僕が企画側なら絶対提案する。根拠はない。

月曜1部は、対抗案を一応挙げておくと、佐久間さんの枠移動だ。現役パーソナリティで、思考停止して1部を任せられるのは、Creepy Nutsと佐久間さんだ。それこそ、Creepy Nutsが有力だが、彼らは楽曲制作やその他の仕事のバランスも考えて、動きたくない可能性が高いと考えた。なので、ある種自由人な佐久間さんなら、枠移動が可能と判断した。でも、月曜1部は新パーソナリティだと思う。

次に、月曜2部(月曜27時~)だが、錦鯉の二人ではないだろうか。渡辺さんが好きなアダルトビデオのコーナーをやっていたので、夜深い時間が適切だと思う。錦鯉は特番経験もあり、マジカルラブリーのようにショーレース優勝者から一本釣りという意味で思考停止だが、問題ないだろう。女性が担当できると理想だが、あまり適任者を思いつかなかった。もし、ヒコロヒーがやるなら毎週聞く(リアタイはしない)。その他、根本宗子など考えられるが、、、もし抜擢されたら、それはそれで戦慄だ。なんたって、ウイカさんの番組イベント開催直前の欠席というのがあったからだ。どちら側に非があるという話ではなく、ビジネスではシンプルに避ける案件だとなのである。そんなことより、よく考えたらこの枠って、ミクチャの映像付配信があるので、容姿が格別素晴らしいパーソナリティとかだといいなと思う。LDHグループなどから、ちょうどいい人が出てくるかもしれない。

最後に、月曜日と火曜日が空くオールナイトニッポンXだ。ここには、アーティストの側面がある者と、女性パーソナリティを期待したい。前者だが、DISH//と予想した。自信はある。根拠はない。DISH//から毎週2人という感じで、ENHYPENと似た体勢ではないだろうか。DISH//は1部の時間帯で特番経験などあるし、柊生くんはNack5で生放送経験が多いし、ボーカルの北村匠海くんは俳優としての活躍もS級だ。ぜひレギュラーにほしいと考える人材だ。対抗を挙げるなら、J01、またはなにわ男子が枠移動だ。Dai-ceなども機が熟した感じがあるが、TBSレギュラー持ちなどあり、避けると考える。

続いて、後者の女性パーソナリティについては、髙橋ひかるちゃんではないか。今回、ニッポン放送本社を舞台としたオンライン演劇作品「あの夜を覚えてる」の主演の一人だ。ひかるちゃんは、土曜日の0を2回、金曜日のXを1回やっていることに加え、これまた重度なリトルトゥースである。現在、JFN系列で「髙橋ひかる Highway Runway」というレギュラー番組があるが、これ東京では聞けない=Tokyo FMがネットしていないので、やや東京ローカル色がある=地方ネット局が少ないXの枠なら棲み分けが利く。本人のモチベーションは完璧だと思うので、僕が企画側ならまず名前を挙げるだろう。本当に自信しかない。根拠も無い。なお、対抗としては、松本まりかさんを挙げたいと思う。何の裏付けもないが、なんか聞きたい気がした。他には、新内眞衣だろう。さすがに、昨日の今日感があるし、思考停止が甚だしいけど。まいちゅんは、春の改編のタイミングで、どこかでラジオ番組が始まると、順調な滑り出しのように思える。それにしても、あちこちオードリーにすぐ声がけした佐久間さん、さすがだなと思った。明日が楽しみ。

可能性は少ないと思うが、Xの時間帯は、曜日変更なんかが起こるかもしれない。

近年、この時期になると覚悟しているのが、星野源のオールナイトニッポンが終了することだ。そんな話、みじんもないので4月からも続くのだろう。星野源のオールナイトニッポンを聞くようになったのは、火曜日に移ってきてからだ。月曜日の頃は、その時間帯にそもそもラジオを聞いていなかった感じか、火曜日に移ってきた頃に、僕が星野源に気づいたのだと思う。100カメでもにじみ出ていたけれど、スタッフ全員巻き込んだ全員ラジオは、これまで聞いたことがなかった。コロナ禍リモート放送でもやった星野ブロードウェイや、スタッフの箱番組、beforeトーク、YouTube活用など、今の一部の陣営では一番挑戦的だ。正直、聞いている側が、いつ終わってもおかしくないくらいやりきったと思えるクオリティだから、続くこと自体に感謝すらする。そう言っておきながら、、タイムフリーで聞かないことが多い(寝落ちしたまま)のだが……

今年の4月の改編は、特に僕が文化放送と超A&Gで聞いている番組が多く終わる。Twitterのプロフィールには、特にイチ押しの番組を書いているのだけれど、このうち3番組が終わるのだ。次にこのレベルの期待を寄せる番組が出てくるのかはわからない。ラジオ番組に関しては断捨離した方がいいとも思っていたので、前向きに捉えたい。期待無理とぽじぽじの終了はツラいが。

いろいろ終わるから、新しい何かに出会うことを期待しよう。それはラジオか、他のものか。

それでは。

乃木坂46のオールナイトニッポン後任パーソナリティ予想

乃木坂46のオールナイトニッポンにおいて、現在のレギュラーパーソナリティである新内眞衣さんがグループを卒業することに伴い、新しいレギュラーパーソナリティが選定されることになった。そして、2022年1月26日の放送で発表されるということだ。

この放送週はスペシャルウィーク(聴取率調査週間)だ。通常、スペシャルウィークは偶数月に設けられるので、1月というのはレアである。理由は明らかになっていないのだけれど、2021年8月にスペシャルウィークがなく、9月にあったのは、オリンピック・パラリンピック対応と思われたので、冬のオリンピック対応で前倒しになった可能性が高い。3月にならなかった理由は、改編期が近いからだと思った。

本題だが、私は4期生の掛橋沙耶香と予想している。確たる理由はもちろん少ないのだが、以下のように考えた。なお、順当な人選なら久保史緒里と思ったが、嬉しいけれどもサプライズの少ない人選は、あえて望まないことにした。なお、後任パーソナリティが発表されるというヤフーニュース記事で、掛橋を予想する旨コメントしたら、いいねが2に対し、イマイチが25くらいついた。

  • なるべく3期生か4期生
  • 深夜の生放送なので、18歳以上
  • 現在ラジオのレギュラー番組がない
  • 週に1回夜更かししても、差し支えるような(レギュラーの)仕事がなさそう

現任の新内さんは、よくもわるくも自分の話がうまく、一人で2時間任せても問題なさそうな実力だ。それであれば、しゃべりが上手そうなメンバーないしはベテランという考えが浮かぶだろうが、私はそうは考えない。何せ、オールナイトニッポンでは、メインパーソナリティの他に毎回メンバーが来ているからだ。このスタイルは継続になると考えている。そうすると、一人しゃべりが上手いことは、最優先事項ではない。いろいろなメンバーと仲がいいとかの方が役に立つと考える。現在は主力というか、メンバー数が多いのが3期・4期なのだから、そこから選ぶのが妥当であろう。

次に、現在ラジオのレギュラー番組がないという点が大きいと考える。改編期のことを考えれば、直近では3月末交代が収まりがいい。しかし、新内さんの卒業に合わせたタイミングとなったので、2月の途中で代わるということになった。その点も踏まえると、現在ラジオのレギュラーがあるメンバーの可能性は、グッと低くなる。特に、深夜放送の番組や、キー局の番組を持っている場合は、現職を辞してオールナイトニッポンを受けるくらいの大仕事。これだけで、れなち・ひなちま・矢久保・まゆたん・かっきー・柴田・弓木・真夏・聖来あたりは、あり得ないと考えた。実際、2月中旬から移るのであれば、もう現在の番組は卒業発表しているはずである。そして、番組卒業を発表した者はいない。こういう事実を踏まえると、賀喜ちゃんとか、まゆたんとか言っている方は、さすがにと思うのだった。まぁ、賀喜ちゃんはschool of rockとは違う曜日なので、スケジュール的にはあるだろうけど、まゆたんはオールナイトの直前までレコメン生出演中なので、レコメンを辞めないとあり得ない人選だ。

3点目は、負荷分散の観点で必要なことだ。副キャプテンに就任し、現在ラジオのレギュラーがない梅は、当然無難な人選で最有力の一人になるわけだが、朝の番組「THE TIME,」月曜日レギュラーである。「THE TIME,」では、出ずっぱりな役回りではないと理解しているが、朝晩の振れ幅は単純にしんどく、避けるだろう。私が久保を本命にしなかったのも、この観点がある。久保は現在、月曜ラビットのシーズンレギュラーなのだ。Creepy Nutsのオールナイトニッポン0に出演した後、翌朝のラビットに出演した見取り図というのはあったが、クレイジーな働き方だ。曜日が違うので、そこまでではないが、なるべく避けた方がいいやつだ。日向坂46のかとしが、火曜日のラビットに出て、その日はレコメンで25時終わりというスケジュールをこなしていた時期があった。かとしはこの時、「君しか勝たん」のプロモーション期間も重なっており、そのセンターとしての活躍もあった。本当に大変だったと思う。

最後に期待としては、掛橋がメインパーソナリティをやれば、例えばギターを鍛錬している彼女に、何か弾き語りするような時間を設けるとか、これまでなかったことができるイメージがついた。そうはいっても、弾き語りはやんねえかもしれないが。それに、掛橋には4期生でセンター楽曲『図書室の君へ』があるし、現時点の最新シングル『君に叱られた』では初選抜されている。売り出し中なのだ。

ラジオ経験者で言えば、飛鳥ちゃんや悠理ちゃんがいる。空いてるんなら飛鳥ちゃんがやればいいと思うんだが、毎週メンバーを呼んでとすると、逆に大物過ぎてダメだと思う。悠理ちゃんは、大学との兼ね合いをしつつ、クイズ番組に注力しているところだと考えるので、ないとおもった。ラジオをやるなら、金つぶを1年で卒業する必要もなかったのではと思うし。金つぶを引き継いだ柴田は本当によくやっていて、好きなった。

私の予想が掛橋なので、もう掛橋しかあり得なくね的な思考しかできない。まぁ、当たったところでどうと言うこともないし、絢音さんが推しメンなんだから絢音さんがいいなとかも思うけど。いい引き継ぎができたらなと思うところ。

当日が楽しみだ。それでは。