キリトとユージオとアリスを想い”52.68.96.58″

【ご注意】この記事には、「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」の最終話(23話)およびそれまでの過程の内容を含んでいます。

桐ヶ谷和人の父親「お前の口から聞いておきたいことがある。結局、本命は誰なんだ。」

和人「それは……決められない。俺はいろいろな仮想世界で、いろいろな女性と出会ってきた。それはリアルワールドともシンクロし、恋人と言える存在(結城明日奈)もいる。でも、決められないんだ。オヤジもわかるだろ、男なら。」

「ソードアート・オンライン アリシゼーション」シリーズが、4クールの放送期間で終了しました。

ぶっ続けで4クールやると思ったら、War of Underworldに移行する際に、間が空くとは思いませんでした。そこで、ズッコケた視聴者は、きっと私だけではなかったでしょう。

一方で、A-1 Picturesは相当頑張ったのではないかと推察します。特に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響に関しては、「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」の放送開始が1クール遅れたとは言えるのですが、僕はちゃんと気がついています。

A-1 Picturesは、2020年4~7月クールを「かぐや様は告らせたい」の第2期を予定通り制作・放送することに全力を尽くしたのだと。

さて、「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」の最終話には、キリトの父親と母親がでてきました。多分、初めてだったと思います。てか、アニメでありがちな兄と妹の二人暮らし設定なのだと信じていました。。

しかし、キリトのオヤジは急にエモいこと言いましたね。多分、、大手メーカーの部長職だ。

最終話中に、あるサーバのIPアドレスとして、「52.68.96.58」が出てきました。

こういう番号は自在するものを出すと突撃されるのが現代の世の中です。そして、52.68.96.58は、実際に存在するIPv4アドレスです。ARINのWhoisで検索してみるといいです。Amazonが管理しており、Amazon Data Services Japanに割り当てが行われているものだとわかります。

"52.68.96.58"Whois検索結果Whois検索結果の抜粋

Webページなどを見る際、人間はドメイン名の形式で認識します。アリシゼーションのアニメのWebであれば、https://sao-alicization.net/ という感じです。

コンピューターは、ドメイン名ではなくIPアドレスで、通信先を特定します。WebサーバのIPアドレスがわかれば、IPアドレスで直接そのサーバーにアクセスすることができます。なので、ブラウザのアドレスバーに”52.68.96.58″だけ打ち込んで、エンターするといいです。そこで、何が出てくるのかは…ここではやめておきます。

アリシゼーション編は、設定によると2026年6月とのことです。だいたい6年後ですね。

6年後でも、IPv4アドレスが普通に使われているのですね!!

IPv4アドレスは、配る数がなくなっており、もう新しくゲットすることがほとんどできない状態です。ここはIPv6アドレスにしてほかったのですが、、まぁIPv6アドレスの表記が長いとか、制作側でIPv6アドレスを知ってる人がいなかったとか、2026年の時代背景的にほとんどIPv6アドレスへの移行が終わっているけれど、あえてこのサーバーはIPv4アドレスでの接続性のみつけているといったことが考えられました。

アリシゼーション編は、楽しめたと思います。途中、ユウキが出てきて、ズルいなと思いました。やっぱ、ユウキは泣けるし、いつでも僕を励ましてくれます。最後、アンダーワールドは、グラディウスみたいになってましたね(^_^;)

シリーズとしては、プログレッシブという新しいアニメプロジェクトも始動ということで、楽しみにしておきたいと思います。

それでは。

ソードアート・オンラインオーディナルスケール、大いなるスケール

公開初日に見に行った割に、感想を書くのは遅くなりました。

俺は、何かに追われている

もう一度見る。。小説がもらえるらしいから(公開第3週の入場者特典)

以下、ネタバレを恐れず書いていきますので、気にする方は要注意です。


キリトくんは、カッコいい。
映画になっても、アスナを大切にしながら、シリカ、リズベット、シノンを平等に(?)転がしています。
妹であるリーファは、いい加減、俺に譲ってくれないか?

バイクに乗るという理想的なヤンキー属性をもつキリトさんの後ろの席を、女子が狙っているのです。
バイクのニケツは、ドライバーに合法的に抱きつくことが定番なので、必死になるのは分かります。
車なら助手席争いになるのですが、抱きつき要素が消えるので、もう一歩。イベントバトルのフィールドまで車を出すと言ってくれたクライン。そんな合理的な手段が欲しいわけではないのだよ(^_^;)

オーディナルスケールは、AR機器のオーグマーを使ってプレイする。現実世界の運動能力に依存するので、体よりも頭を使うデジタルチンピラのキリトさんは、「身体が重い」などと、逆上がりが出来ないのは本気を出さないからと言い訳する小学3年生みたいなことを言い出す始末。
なお、僕は逆上がり出来ません。

ただ、キリトさんは英雄。素質がある。おもりを体につけて、やたらと独りでボスを倒すことで、急激にランクを駆け上がっていった。亀仙人にでも弟子入りしたのだろう。(実際のところ、剣の師匠はナイスバディの妹である)
しかし、あんなことすると、それはそれで目を付けられそうだが…

連係プレーが素晴らしいクラインの侍軍団や、血盟騎士団副団長として培われた集団戦闘の適切な指示を出しながらもおいしいところは持っていく閃光アスナさん、ドジを踏むシリカちゃんなど見られます。
そういえば、シリカのパンチラはキリトさんにしか見えていない(アニメで描かれなかった)のである。アインクラッド編で最も罪深いシーンだ。

ラストの戦闘は、アインクラッド第100層のボス。
オーグマーにフルダイブ機能があるというとんでも展開で、おなじみのVR戦闘だったわけです。
自分は、劇中、当該場面に進むまで、オーグマーでフルダイブなんて考えもしなかった。でも、実際に、ナーブギアとかオーグマーを自分で使う機会があったなら、キリトさんよりも先に、遊びでオーグマーでフルダイブしてみようとした(「リンクスタート」などと叫んだ)可能性はありそうだと感じた。
SOAサバイバーなら、誰かいそうだけどな…

VR戦闘ということで、入院中のクラインや、合宿中のリーファ、ALOどころかGGOの人までガンガンにぶっ込まれます。
レコンがいなかった気がするのは、僕が混乱していたからかもしれない。
思い出深い装備(キリトのSAOでの二刀流、血盟騎士団副団長のアスナ、バストが重そうなリーファ、銃を撃ってるシノンなど)に身を包み、ステータス暴力でのフルぼっこ。大人げないよ…(結構未成年プレイヤーが多いけど!)

アスナのレイピアに、絶剣と呼ばれたユウキの姿が憑依する場面がありました。

もう号泣なんですけど…

危うく、ALOでの魔法を詠唱しそう(声を出しながら泣きそう)になりました
俺、確かに、ユウキの話(マザーズ・ロザリオ編)でしくしく泣いた記憶があるんだけど、オーディナルスケールでの涙の流し方は、さすがに異常だと思った。あの花並だったかもしれん。。(俺至上最高に泣いた(そして今でも泣ける)、けいおん!!20話「またまた学園祭!」にはおよばない)

帰り道で、何でこんなに泣けたのかを考えれば考えるほど、また涙が出るもんで、困った。最近は本当に忙しいし、プライベートでも合間を縫って取り組むことが全滅していくという状況で、ときたま生きていること自体を不思議に感じていたので、望んでも生きていくことが叶わなかったユウキが、ALOの世界で懸命に生きて、仲間と一緒にその証を残した(ダンジョンを最初に攻略したパーティーとして名前が刻まれた)ことの感動が蘇ったんだと思う…
もしくは、俺が、悠木碧のことメッチャ好きだから。多分後者だと思う。
(そんなことを書きながら、涙ぐんでいることは内緒だ)

でも、悠木碧が好きとか、結構嘘くさいんだよな…まどか☆マギカも、シンフォギアも見てないのに。。でも、比企谷小町は大好き!やっぱ、悠木碧のこと好きじゃん。

オーディナルスケールに痛烈な皮肉を見いだしました。
最終決戦の場は、新国立競技場(的なところ)なのだが、それがスクリーンに映った瞬間、俺はこう思ったのだ。

これ、ザハ氏のデザインじゃね!?!?!?

ザハ・ハディド氏、去年亡くなってるんだよね。合掌。

それにしても、意識の低い自分には、本当に建設される新国立競技場のデザインは思い出せないのだけれど、それではなく、なんかザハ氏だと感じるデザインだったんですよ。
だから、自分の中では、とりあえず東京オリンピックを乗り切った後に、競技場を改造したという結論に達しました。

囚われ続ける茅場晶彦の幻影。
茅場昭彦的な声の出し方の山寺宏一、政治家になったら、何でも信じてしまいそうで危うい…
茅場みたいに、屈折したり極端だったりすると、大変なことが起こる原因にもなるな。。


というわけで、僕的には、ユウキの姿と、新国立競技場(風の建物)のデザインが、オーディナルスケールでの見所だと考えます。

まぁ、普通にARアイドルのユナがいっぱい歌うのとかいいですけどね。神田沙也加大好き。

というわけで、見所は満載ですよ。僕としては、みんな大好きなキリトくんの元に集合し、思い思いの楽しみ方をすればいいのだと思いました。

[amazonjs asin=”B01LYP8KWU” locale=”JP” title=”ソードアート・オンライン Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)”]

ゲームの世界でご活躍

松岡禎丞さんという声優がいらっしゃいます。

どぅしても、下のお名前の読み方が覚えられません!

推測変換というのは、本当に罪。
助かるよりも、バカになる。

今、ノーゲームノーライフの主人公である空を演じています。

このお話、オンラインゲームに入り込んじゃったという設定で進んでおります。

ちょうど昨晩は、メチャクチャいいところで終わりやがったので、続きが気になって仕方ありません。

さて、松岡さんとくれば、、、ソードアート・オンラインのキリト君です。

キリト君と言えば、私の嫁のアスナさんを独占し、と私の妹であるリーファことくずはを惑わせる悪やつです。

俺と交代してほしい。

まぁ、リア充としよう。

一方で、ノーゲームノーライフの空は、差し当たりニートであり、これまでの言動から童貞の可能性もほぼ確実です。

キリトは、もはやアスナさんからきちゃう程のアレですが、ゲームの世界でオスでありつつ、この振れ幅の差が、同じ声優というだけで、なぜか悲しく感じられる…

いやね、役柄に応じて、喋りのテンションは違うんだけど、ベースの声が一緒だから、同じ人やとは分かるのよね。

ノーゲームノーライフは、知的な部分も多く、とても期待が持ててきました。今後も楽しみです。

ただし、うらやましいのはキリトの方。

童貞頑張る。