オンラインライブを見て感じたこと

今年もよろしくお願いいたします。

2020年は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響があり、これまでの生活様式を大きく見直すこととなりました。その結果、従来のやり方を変えて、継続したことも出てきたと思います。

比較的当たりだったと言われるのが、オンライン系のイベントです。特にエンターテインメント分野に関しては、ライブや舞台をオンライン化することにより、地理的な限界だったり、金銭的・心理的なハードルをクリアして参加・視聴したという方も、多かったのではないでしょうか。

かくいう私も、結構いろいろ見たものです。課金が必要だったもので、2020年に参加したものを列挙します。

  • 日向坂46「HINATAZAKA46 Live Online,YES!with YOU!」(2020年7月31日、無観客)
  • 欅坂46「THE LAST LIVE」(2020年10月12日、無観客)
  • 乃木坂46「NOGIZAKA46 Mai Shiraishi Graduation Concert ?Always beside you?」(2020年10月28日、無観客)
  • Creepy Nuts One Man Live「かつて天才だった俺たちへ」(2020年11月12日、観客あり)
  • 乃木坂46「乃木坂46 アンダーライブ2020」(2020年12月18日・19日・20日、観客あり)
  • 日向坂46「ひなくり2020~おばけホテルと22人のサンタクロース~」(2020年12月24日、無観客)
  • 福山雅治「30th Anniv. ALBUM LIVE AKIRA」(2020年12月27日、無観客)

   ※欅坂46のラストライブは、1日目しか見なかった

オンラインライブのメリットは、既にいくつか挙げていますが、他にあるとしたら、配信だからこそできる演出でしょう。CG、ARを使った演出が特に印象的でした。そういうことも踏まえ、一番よかったなぁと思えるのは、ひなくり2020です。私の推しメンであるまつだこの(このちゃん、松田好花)が病気療養から復帰し、一部パフォーマンスしたことが大きかったことは抜きにしても。

オンラインライブのデメリットは、視線=自分が何を見るかが制限されることだと感じました。ライブに現地参加した場合、自分の席があるのである程度の限界はありますが、どこを見ようが勝手な部分があります。一方で、オンラインでの配信となれば映し出される映像がすべてであり、映っていないところで推しメンが神パフォーマンスをしていても、見ることができません。最初から見えないなら、期待しなければいいという立場が取れるので、絶望するほどのことではありませんが。
この点は、同等の公演を短期間に複数回見ると、結構ツラいことがわかりました。乃木坂46のアンダーライブは結局全日程見てしまったのですが、アンダー曲が30曲あり、1日目・2日目が重複ありで20曲(そのうち重複はたしか10曲)、3日目はノンストップで30曲披露でした。さすがに、ちょっと飽きちゃったかな…という印象も持ってしまいました。

また、生パフォーマンスの配信は常にイレギュラーがつきまとうため、カメラアングルが完璧であり続ける保証はありません。スタッフや別のカメラが映り込むことは、それほど珍しくないことも体感することができました。リハーサルがどれだけきちんとできるかによるのかもしれません。欅坂46のLAST LIVEや白石麻衣卒業コンサートは、非常によくできていたと思います。
観客がいる場合の配信ライブですが、接写するカメラが現地の人にとって邪魔になってしまわないのか、ちょっと気になりました。まぁ、会場に設置されているであろう大型液晶の映像は配信の映像と同じ可能性が高く、もっぱらそっちを見ていると気にならない可能性がありますが。また、主に演奏や歌唱を楽しむのであれば、少々カメラが目障りでも問題ないと考えるかもしれません。Creepy Nutsは、そういう観点でもよい武道館公演になったと思います。

ライブの醍醐味の一つは生パフォーマンスにあると思っています。失敗であったり、ある意味の不完全性は、生パフォーマンスであることを裏付け、時間を共有している感じがあやふやになりがちになる配信ライブに、生きている感覚を与えてくれます。アーカイブ配信があるライブも増えたと思いますが、公演日に見たあと、再度アーカイブを見たという方は案外多くないと考えています。サブスクの影響もあり、さまざまなコンテンツを大量消費する時代、エンターテインメント分野においても、同じものを繰り返し楽しむということは少なくなっているのではないでしょうか。音楽のように、日常行動に溶け込みやすいものはさておき、一続きで2時間程度はかかり、視線を必要とするライブはなかなか短期間で繰り返してみるのは大変なのではないでしょうか。
さて、生パフォーマンスならではの感覚を踏まえ、福山雅治のライブですが、僕は混乱しました。そもそも、配信当日生パフォーマンスだったか、事前収録したものを配信したのかわかりませんでしたが、完璧過ぎたのです。演出およびカメラアングルは完璧(カメラやスタッフが映り込むような場面がゼロ)だし、事前に歓声の音声を送ってもらう取り組みをやっていて、それこそ実際のライブをオンライン上に再現しようとする試みだったと思います。完璧過ぎて、ライブらしくないなと感じてしまいました。公表されていなかったと思いますが、事前収録の配信だったのでしょう。そう考えても、やはり完璧過ぎる不自然感がありました。収録された音楽番組で、ライブ部分を2時間続けて見ているような感覚は、体験がないのです。なので、脳が付いていかなかったのだと感じました。

事前収録したライブの配信は、多くはありませんがいくつか取り組みとして見かけたと思います。正直なところ、運営スタッフがコロナ陽性で、主たる演者が濃厚接触者と判定されてしまうと、全滅してしまいます。なので、ある程度期間の余裕をもって収録してしまった方が、イベントをやりきるという観点であれば正しいです。ライブなので、撮って出しにしてしまっても、言い訳できるというか、格好がつくというか、それが正しいという感じがします。
あと、「この日のこの時間」とすると、場所を特定して出待ちが現れるかもしれないというリスクもありますからね。

総じて振り返ると、楽しめたものばかりだったと思います。同じ公演を複数日見ることによる飽きや、完璧過ぎるライブに感じた違和感は、発見になりました。
アーティスト側は、観客のいるライブができることを望んでいる方が多いですね。それができることは普通の世界だったのですから、当たり前だと思います。普通にライブができつつ、オンラインライブ・オンラインイベントが、さらに新しい次元に進むことを期待したいと思います。

2021年も、年始から厳しい状況ですが、どうかご健康に。

それでは。

佐々木琴子のトップギアとか

超絶推しメン候補である、乃木坂46佐々木琴子が、2020年3月いっぱいでグループを卒業すると発表がありました。

現状発表されていることでは、卒業後の進路は明らかになっていません。むしろ、決まってないという状況でしょうか。

白石麻衣さんの卒業が発表され、それに関していろいろと考えたものですが、僕が一番に思ったのは、「2020年のアイドル顔だけ総選挙、ついに琴子が1位になる時がきた!」ということです。琴子は、2年連続で白石に次ぐ2位でした。

その野望が実現しないうちに、琴子まで卒業してしまうとは…残念で仕方ありません。

アイドル活動をやりきったと思えるかは本人次第な訳ですが、乃木坂46のメンバーとしては、選抜に入ることが1度もなかったのは残念かもしれません。しかし、2期生は2期生ライブや、アンダーメンバーの活動を大きなものにしたり、個人活動の分野を大きく広げたりと、とても価値のあるものです。

琴子に関しては、さゆりんご軍団の他、舞台出演、好きなアニメ関連での活動は大きかったと思います。全ガンダムに突如降臨したこと、文化放送で冠番組を持つ、キャリさんをひたすら推すなど、とても素晴らしかったです。

好きなことを話し始めると止まらなくなること、まさに”トップギア”だと思います。その姿勢は、今後どんな進路を選ぼうとも続けてもらえると嬉しいです。

そう言えば、今年初めのトップギアで、乃木坂46の曲の「きっかけ」(アルバム『それぞれの椅子』メイン楽曲)をエンディングで流していました。れなちだったかな、新年早々ののぎののでも「きっかけ」を流していましたね。

「きっかけ」は、乃木坂46の楽曲の中でも最高レベルに好きなやつです。琴子にも、きっと何かのきっかけがあり、今より新しいステージに進む決心がついたのでしょう。

あと2ヶ月弱の活動となりますが、悔いなく卒業を迎えられることを、祈りつつ、ひっそりと応援しています!

ビッグラブ。

それでは。

46系アイドルグループについての個人的雑論

最近は、申し訳程度に乃木坂46と、欅坂46・けやきざか46が好きです。

どのくらいの好きかというと、新曲は配信を購入してCDは買わない、CD買わないので握手会とかは行かない、ライブに行ったことないので一度くらい…とは思っている(思っているだけで、チケット取ろうとしたことはない)、テレビ東京のバラエティー番組は見る(日テレのは見ない)という感じ。

乃木坂と欅坂は、最近卒業を発表するメンバーがいる関係で、グループの弱体化を主張する意見が多々見られます。
特に乃木坂は、超有力メンバーの西野七瀬が辞めるということに続いて、選抜常連である若月佑美も辞めるというのだから、弱体化主張勢をある程度勢いづける結果になっています。

グループの勢いを、どういう指標で評価するかは、難しいところと感じます。ていうか、大抵個人の感想だよね??もっともらしさがあるとしたら、出来事を論理的につなげて話してる場合くらい??それだと、、妄想ぽいか(^_^;)

目下難しい状況と感じられるのは、欅坂ではないでしょうか。活動3年となり、存分に結果は出ているという印象(俺の印象)ですが、卒業するメンバーが出てきて、グループが踏ん張れるか的なところはあると思います。

さて、、自分のグループへの期待を綴ろうと思います。

乃木坂46ですが、グループとして真面目に見るようになったのが橋本奈々未が卒業する直前くらいですが、もうこの頃にはシングル表題曲が大抵全部好きな感じのため、新曲発表が安定的に楽しみです。インフルエンサー以降、ゆったんが選抜に入ることが増えたのも、ちょっと関係しているかも。
あと、乃木坂工事中は、よい働きをするメンバーが多く、面白い回が多くていいですね。同時刻のラジオ番組が『林原めぐみのTokyo Boogie Night』なので、俺の中でそれほど真剣に聞かなくていいことにしちゃってるのも大きいです。

欅坂46については、レコメン月曜日レギュラーの菅井さん(ゆかのすけ)が相当好きなのが大きいのですが、欅って、書けない?は、大事なラジオ番組『橋爪ももの生乾き放送』の裏番組のせいで、ちょっと適当に見ちゃっている自分がいます。その結果の可能性は否定しませんが、他のグループと比べて番組の面白さが低い評価をしてしまっていますね。ただ、岩井勇気氏が出てくるときは、面白い気がしています。
楽曲に関しては、『二人セゾン』が好きすぎて、突き抜けているのですが、これを超える楽曲が出てこず、ライブに行かずに音楽を聴くことを中心とする自分としては、シングル曲に物足りなさを少し覚えてしまっています(少なくとも、表題曲に関してはそのような評価)。カッコいいのは好きなんですがね。

ひらがなのけやき坂46は、バラエティ番組ひらがな推しが、爆発的に面白い時があり、なんとなく期待してしまうところがあります。MCオードリーがとにかく強力で、メンバーいじりが見事です。
一方で、楽曲が弱いところがあるでしょう。ひらがな推しの中で、毎回のようにライブがあるのは、経験を積ませる意味合いがあると思います。僕の妄想では、バラエティ部分の取れ高がありすぎて、2週に渡っての放送とするものの、すきま時間を埋めるために歌っているのではと考えています。
単独でアルバムは出したものの、シングルを単独で発売できていないところが課題ですね。メチャカリのCMはひらがなで獲得しているし、欅からどのくらい独立というか、距離を取って勝負できるかでしょうか。ひらがなは、既に2期生を受け入れていることと、長濱ねるが抜けるという緩やかな卒業メンバー出現経験があり、ある程度入れ替わりに強いかも…みたいなのもあります。楽屋隠し撮りしてた時の、1期生と2期生のからまない感じは、普通に気になったけど…

もし、あえて各グループの心配をしてみるとするなら、僕の観点ですが…

  • 乃木坂46は、桜井キャプテンの後任がイメージできない
  • 欅坂46は、なんか心配
  • けやき坂46は、なんとなく終わってしまわないか心配

そういうところだと思います。

まぁ、自分なんかが心配したところで、たいした意味はないでしょう。ゆるいファンで、売り上げとかにもあんまり貢献していないし。

それでは。