AMD Radeon RX 5600 XTを買った

MSIのRadeon R 7を導入して久しかった私。

スペックというか、したいことはできるスペックではあったのですが、動画編集に手を出そうと考えたため、アップグレードすることを考えました。

そうは言っても、長らくビデオカードを買い換えるということを考えておらず、あまりお金をかけたくないと考えてしまいました。

私がRadeonを導入したのは、当時Fluid Motionという機能を使いたかったというのがありました。動画をよりなめらかに表示することができるRadeon独自の機能で、この機能をPowerDVDで使って、「アニメのブルーレイの字幕が読みやすい!」という謎な楽しみ方をしたものです。

ということで、ビデオカードに関しては、ややAMD信者だったので、今回もRadeonで考えました。

最初、RX 5500と迷いました。一応現役バリバリのモデルで、ミドルスペックに入るかどうかくらいを考えました。できれば3万円切りたかったのですが、そこは諦めることにしたのです。

5500、5600、5700辺りで悩み、5600でなんかお得に感じるのが見つかったので、SAPPHIRE PULSE RADEON RX 5600 XT 6G GDDR6 (SA-RX5600XTPULSE-6GBGDR6/11296-01-20G)にしました。

最近は、4Kモニターを使っていて、たまに表示がしんどくなることがあったのですが、乗り換えてからは問題なく動くようになりました。まだ動画編集で使えてないので、これから頑張りたいと思います。

このビデオカードを買ってから気がついたのですが、Fluid Motionの機能はRadeon 5700以降では使えないそうで、今回のRX 5600でも使えませんでした。えっ!と思ったんですが、、、、、PCで動画はそれほど見てないしなぁとか、主には動画編集で力を発揮してほしいからというのがあったので、別に問題ありませんでした。

もっとも、Fluid Motionがないなら、、NVIDAのGeForceでもよかったなと、選択肢を狭めてしまった自分を責めました。少しだけ。

お気に入りポイントの一つは、再度のSAPPHIREのロゴが赤く光ることです。そこかよという感じではありますが、もっと光ってオシャレなやつは高くなっちゃって、何にお金をかけているのかわからない印象がありました。でも、このモデルは、RADEON RX 5600 XTでは最安クラスで、鉄板のSAPPHIREですからね。ロゴが光るのがちょうどおまけという感じでよかったというわけです。

ビデオカードは、しばらく追っていなかったのですが、最近はハイエンドを中心に、光る冷却ファンを搭載し、縦向き設置をすることで、そのファンを見せるというやり方もあるのですね。びっくりです。

動画編集とか頑張って、使い倒してやろうと思います。

それでは。

AMD Ryzen 7 5800Xを買った

私は、長らく(?)Radeon 5 1600を使っていました。

購入した頃の発想としては、ミドルスペック狙いで、AMDらしさをなぜか感じた6コアのものということでした。

テレワークが増え、自分のPCを利用する時間も多くなったところ、エクスプローラーが頻繁に(1日1回以上)固まる現象に悩まされるようになり、PC全体をアップデートしようと考えるようになりました。

そこで、新しく発売されるRyzen 7 5800Xで組み直すことにしました。

自分はデスクトップは自作していますが、それほど熱心ではない方なので、解体前のPCでベンチマークなどとっていませんでした。比較ができず、ちょっともったいなかった…

CINEBENCH R23をやってみました。あんま、わかってないので、スコアがいいのかは不明です。

ただ、自分の利用PCの環境上、Radeon 5 1600の頃は大抵20~30%で推移していたCPU使用率が、Ryzen 7 5800Xにしてからは2~3%に落ち着きました。これはよかったと思ったものです。

これだけパワフルならと期待したのですが、エクスプローラーが固まる現象は、現時点で再現しています。一日使って起こらない日もありますが。あと、固まってから復帰するまでは、Ryzen 7 5800Xの環境の方が速いです。

一方で、休みの日にPCを使っている限りは、エクスプローラーが固まる現象はありません。なので、仕事で使っているソフトウェアが残念な可能性が高いのではないかと思っています。

ちょうど、プレイステーションでゲームを配信し、できあがった動画を編集するというのをやってやろうという気持ちになっていたこともあって、ちょっと立派なCPUにしてみたかったというのも、上手く実現できたと思います。発売の時に買えるかどうか不安でしたが、ツクモのネットショップでなんとか発注できました。当日は仕事を休んで秋葉原に行くべきかも悩んだのですが…(^_^;)

でも、調べてみたら、Ryzen 7 5800Xは、翌日(土曜日)でも秋葉原で買えたみたいでした。うーん、在庫がどうかまでは見通せなかった。

CPUの話が深まったら、またブログに記録しようと思います。

Fluid Motion Video でなめらかに…

画像

年末になり、アニメの神様からのお告げがあり、アイカツおじさんは寒空の中秋葉原に向かいました…

クリ○○ス!?!?何それ、おいしいの??

何があったかと申しますと、絶望のさなかにTwitterで、アニメがヌルヌル動くようになるソリューションがあるという情報を見たからです。

概要は、AMDで”Fluid Motion Video”という技術があり、それと対応ソフトウェアを組み合わせて使うと、動画、特にBlu-rayのアニメの再生がすごくなめらかになるというものでした。

準備はこちら。
AMDのA8/A10のAPU、俺氏がもっと雑に言いますと、A8とかA10って謳っているCPUの内蔵グラフィックをつかうか、Radeon R9 295X2/290X/290/285 R7 260X/260 のビデオカードを使い、Catalyst Control Center(以下、CCC) Omegaで運用し、Fluid Motion Videoに対応するPower DVD 14 Ultraで設定を行うわけです。

まず、ビデオカードでございますが、私はCPUがintelでございますので、APUで対応させるにはマザーボードとCPUを変えるという新型機構築レベルの負担でございますため、ビデオカードの調達を考えます。
まぁ、通常そのくらいで立ち上がるほど動きがよい私ではない(隠れ肥満的な意味で)のですが、現行の自作デスクトップは、CPUの内蔵グラフィックで事実の仮運用としておりましたので、これを機に完成させようと思いついたわけです。

お家のディスプレイはDisplayPortに対応していますので、ビデオカードを買うならDisplayPortの出力ができる物と決めておりました。

そこで、Fluid Motion Videoに対応する中でも安価に買えて、DisplayPort出力も備えたMSI R7 260X 2GD5 OCとしました。



PC DYI Freetで16,200円(税込)でした。
最近はですね、まずPC DYI Freetで確認をして、ツクモに行って値段を比べ、大概Freetに戻って買うって感じですww

ちなみに、数量限定のAMD30周年バッグくれました。知ってる人しか気がつけなさそう(笑)

Freetでは、Fluid Motion Videoに対応したCPUもしくはビデオカードと同時購入でPower DVD 14 Ultraが5,000円引きになるというキャンペーンをしていたのですが、お家で使っているPower DVD 13 Ultraをアップグレードした方がお安い(^_^;)ということで、単品購入でした。
お持ち出ない方にはお得なキャンペーンであると考えます。



お膳立てすれば勝手にFluid Motion Videoが有効になるわけではございませんので、CCCとPower DVDで設定変更をします。

CCCの設定については、が参考になりました。

Power DVDは、を参照しました。

いやね、Power DVDの設定で、ちょっと苦労したんですよ。
何かと言いますと、TrueTheaterエンハンスメントの画面を出しても、解説されているFluid Motionの設定画面なんて出てこないんですよ。
僕はね、叫びそうになりましたよ。

そんな時、下半身丸出しの状態で、ガルパンを再生している時にTrueTheaterエンハンスメントの画面を出すと、先の設定画面が表示されました。
ですので、単にプレイヤーを立ち上げた状態で設定ができないようでしたら、何かソフトを再生している最中にいじってみるといいと思いますよ。

もぅ、どこにも解説されていないのだから、失礼しちゃう!

CCCの設定で、動画の右側にだけFluid Motionを適用させるというデモができるのでやってみました。

自分の持っているアニメの中で、一番動きがありそうでパッと思いついたのがガルパンでしたが、左から右に動く戦車が、画面の真ん中を境として、動きがなめらかになったのには、勃起しましたね。

効果はとても感じられたので、かなり満足できましたよ。

おかげさまで、天皇誕生日の大半を引きこもって過ごしてしまいましたがね!

なお、一番Fluid Motionで面白く感じられたのが、下から上へ流れるスタッフロールでした。
あれ、画面の真ん中を境に左右での時の流れ方が全然違います(笑)

ステキね。