ハウス食品のカレーホットを求めて

20090713093024

あらゆる調味料をコンプリートしているみなさまにとっては、当然ご存じかと思いますが、ハウス食品の名物商品であるカレーホットを買ってきました。
調味料を買っただけ、と考えれば、記事になる程の話題でもないのですが、業者から直接納品されるみなさまとは違い、一般市民である私は、探さなければならなかったのです。
そう、業務用なんです。
出会いは、大学。
カレーは辛めを嗜好した私は、足りない刺激を求めて、彼女にたどり着いたのです。
彼女は、たっぷりの愛で私…じゃなくて、カレーのルーに混ざったのです。
その浮気のインパクトは、私を震えさせ、涙させたのです。
★追記ここから★
使い方です。
かける前のカレー
カレーライスを用意します。
ちなみに、私は作りました。
その出来映えに関しての批判はごめんなさい…
今回のルーは、S&Bゴールデンカレーの中辛にございます。
カレーホットとの融合
ルーのところにカレーホットを混ぜます。
これは油です、簡単に言いますと。
ルーを溶かす段階ではなく、あくまでも味の調節と言うことでお願いしますね。
全部に混ぜちゃうと、後悔しても知りませんからね。
ちなみに、結構デロデロなんで、ボトルの口は拭いておくことをおすすめしますよ。
カレーホットそのものは、本当に辛いです。
なめると、震えます。
入れすぎにも十分気をつけてくださいね。
購入したのは、浅草にあるプロパック かっぱ橋店店にございます。
1個658円です。
プレミア価格!?

2 thoughts on “ハウス食品のカレーホットを求めて

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    極めて個人の好みが分かれるな、コレ。
    俺はあまり好きじゃない。
    スパイス的な辛さのほうが好きだ。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >煮魚@南国さん
    確かに、好き嫌いが出るでしょうね。
    個人なら、自分にあった辛さのルーを買えばいいだけの話ですから。
    大学の頃は、タイミングによってはどうしても辛いカレーがない場合に重宝したものです。
    この商品の隠れたいいところは、カレーの味はおかしくならないところですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください