ソニータイマーマシン

携帯型ラジオ受信機で、イヤホン接続に嫌われているのか、電車内で半径1mくらいは容易に聞こえる音量で、スピーカー垂れ流しの人がいました。
メカに弱すぎるのも問題ですね。
まぁ、あの爆音の音量レベルでイヤホンつけたら、耳が破壊されそうですが。
ウォークマンを修理に出しました。
ぶっ壊れたというより、バッテリーが充電しても全然持たなくなったので。
保証、効かないよな、たぶん…
永遠の議論は、ソニータイマー。
保証期間が切れると、間もなく製品が壊れるというやつです。
僕は、遭遇したことないです。
まぁ、ソニー製品ってみてくれが堅牢なやつってないから、ひ弱そうだってイメージはありますよね。
タイマーで外観が壊れるってあり得ないですから、内臓破裂するわけで。。
これが、時限的に仕組まれているとすれば、告知されていない末期患者ってわけか。
人生を考えますね。
ソニータイマーは、その存在が真実だと思う人には存在するものでしょう。
特にネットで積極的に活動すれば、タイマーの存在を批判するチャンスもありますしね。
ソニーは、ハードよりソフトの方が出来損ないな気がするんですよね…
まぁ、それはいいや。
サイバーショットの北川景子。
ネットで大根女優批判がありますね。
興味が無さすぎて、考えたことなかった。
バッテリー交換、実費で5000円くらいはしちゃうんだろうな。見積もり拒否ったら直らないだけだから、弱者は徹底的に叩かれるサバイバルの世界は辛い。
電車内で、ずっと目元に細工を施してる人がいたんです。
驚きましたよ。気がついたら、まつげに存在感出てましたもん。
ただね、僕はアホやから、まつげの存在感が、なんの意味があるかよう分からんのですよ。
勉強になったのは、揺れる電車の中で、眼球付近のメイクをあらゆる因子を振り払い実行できる勇気は、もはや称賛に値すると。
コンスタントに電車メイクに興じる人を見かけるんで、「電車メイク教室」を開いたら、有料でもそこそこヒットするんじゃないかな。
さぁ、ウォークマンは、どのくらいで戻ってくるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください