ポスティングは球団の権利

さて、プロ野球のポスティングシステムが決まったということで、田中将大投手が球団に希望を伝えて会見をしました。

記者の中には、田中さんが言えば、それで決まりとでも思っている人がいるのでしょうか。
報道のインパクトがほしいのか、“田中は大リーグに行きたくてたまらす、何も決まってないくせに、こんなに準備してやがりました”とでも批判したいのか、やたらと準備状況を尋ねていたようです。

僕なんかは、代理人が団野村かアーン・テレムかスコット・ボラスかなんて興味はなく、球団側の判断や、移籍するならどこに行くだろうか、もっぱら妄想をするのが楽しいのですが。

決まったことは、球団や本人が言うでしょ。
そもそも制度がなかったんだから、事実、発表できることが何にもなくてもおかしくはないです。

球団に入るのが最大20億で、これが安すぎるという意見はあるでしょう。

まぁ、ここは難しくて、契約すれば単年で5億は必要でしょうから、それを何年分約束できるかとかあります。
チームにいれば試合に勝てる確率がとても高いですから、単に収入・支出で勘定できないし。

ここは、「アメリカ暮らしになると、ももクロのコンサートに行けないぞ!」と震えながら説得した上で、気持ちよく送り出してほしいかなと思いました。

ともあれ、一歩進んだので、今後の動向を楽しみにしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください