たどりゆく道、遠けれど

明けましておめでとうございます。

ここ最近は、毎年阿智神社に初詣に行き、おみくじを引くのですが、今年は自分の驕りを戒める内容のことが書いてありました。

心当たりがあるのが、問題です。

現状は、驕りの意味する思い上がりといったことよりは、ダメな奴を「なんだよコイツ」と蔑んでいるって感じなのですが、それが悪い意味で発展して、驕りに繋がる可能性は否定できません。

ただ、、、もはやダメな奴はダメすぎて、僕の評価が覆ることはないと強く思うので、仏のような気持ちで、「お前は本当に使えないね(ニッコリ)」としていきたいです。
マジで12月とか気分が最悪だったからね~。

自分としては、まず、簿記2級ですね。。
2月の試験でなんとかなるか…
あと、8月に神社検定ってのがあるみたいで、他に差し支えることがなければチャレンジしたいです。

ブログは週に1回は更新したいですね。
昨年は完全に自由にしてたんですけど、見事に月2回程度の更新になりました。。

それにしたって、物思いにふけることが、また増えてしまったかもしれません。
一方で、自分って、意見のない人間だと思うことがありますね。

ネットを見ていて、ニュースに意見がある人を立派に感じつつあります。
ほんま“ふ~ん”くらいにしか思わないことが増えたもの。

もっとも、多様な意見を目にすることが増えたってのはあるでしょう。
News Webとか、Twitterと連動したニュース番組なんかがそれなりに定着しましたから。

ドラマやバラエティーなんかは、自分も含め不感症な部分ってあるのでは。

反町隆史になった相棒をつまらんという人もいれば、脚本がつまらんという人もいます。
(ちなみに、、僕は期待通りに面白いっす…)

有能なキャリアでありながら、言動の軽い感じは、俺はありなのだけれど、ダメだと感じる人がいるのでしょうね。
立派な人には、なにもかもが立派なことを求めちゃうのでしょうか。

僕は、同居人のままから、リアル相棒化するまでの流れが気になっているところでして、特命係の墓場感からすると、法務省に戻れなくなる展開を期待するわけです。
そこを元旦スペシャルで、片山雛子を怒らせて成り立ちそうな雰囲気があったが、、肝心の片山議員が…
1月からの通常放送に期待です。

(´-`).。oO(今年も、鉄板の陣川回くるかな。去年登場した妹(水崎綾女)がおっぱい大きくて可愛かったので…

おっと、、おっぱいの話ではない。

あっ!
1月から始まった京アニのファンタジー要素あるアニメ、おっぱいでかい子が自分のおっぱい揉んで魔法(?)使うのは、嫌いじゃなかった。
てか、京アニでも巨乳はいる(甘ブリの千斗いすずちゃんなど)けど、おっぱいを活用(!)するのは珍しい気がした。

今年は、今この瞬間に何かあるわけではないが、来年の今頃は(良くも悪くも)全て変わった・無くしたなんてことはあるかもしれないです。

とにかく、大事に、丁寧に、忍耐強く、です。

です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください