そして今日も荒れなかった魔女のいる青森

本当は、プライベートの不平や不満を垂れ流す鬱ブログを書くつもりだったのですが、他人の失策叩きにをして世の中を憂う系の展開で使えそうなネタが新鮮でない(舛添元東京都○○とか)のと、ヤバいやつ(高知○○とか)しか思いつかないのでやめました。

せっかくなので、見事に完結したふらいんぐうぃっちの話をします。

なんとなく、魔女もの(?)にありそうなことが、だいぶなかった気がします。

(1)戦わない
バトルはもちろん、日常のケンカ的なことも記憶にありません。
使い魔同士が仲悪いみたいなことくらいあっても良さそうだけど、それもなかったですね。いや、、犬飼さんと茜姉さんがあったか…

主要使い魔が、茅野愛衣・佐倉綾音・小沢亜李。この人選をした人に、俺からマンドレイクをプレゼント!

(2)普通の人扱い
本人が魔女であることをたいして隠さないことと、周りが魔女に警戒も特別扱いも(ほぼ)ないです。
そんなん魔女の宅急便でもせやろと言われそうですが、ふらいんぐうぃっちには、魔女宅より非現実的なことを違和感なく溶かし込んでと考えます。

(3)リアルな聖地
魔術や非現実なことはそれなりにある割には、世界はリアルでした。
青森新幹線を超える経済効果をもたらすのではと妄想します。

(4)イタズラないしは体験学習レベルの魔術
ウィッチクラフトワークスは、戦っていたこともあって、魔女というより魔法使いと呼びたくなる感じでした。
真琴ちゃんが、まだ魔女歴が浅いというのがありましたが、茜姉さんが居ついてもむちゃくちゃな魔術はなく、とにかく千夏ちゃんが楽しそうだったことが印象的。
千夏ちゃん、家にも欲しい!

(5)オチの少ない各話フィニッシュ
最後にオチのつく話もあったのだけれど、「まさか、、このまま今回は終わってしまうのか~~(ドキドキ)」ってしながら、マジでそのまま終わることが多かったという感覚。
この引き際のよさは、「もう、終わっちゃったの??」と、早く次が見たい衝動を呼び覚まし、社会問題になったとか…

(6)存在しないのか恋心
圭くんは、あれだけ女子に囲まれていながら、恋心のようなものを見せませんでした。

真琴の天然にドキッとしたり、実はなおさんに恋してたり、茜姉さんとラッキースケベがあったり、犬飼さんに一目惚れしたり、幽霊が怖いと言いながらつきあってたり、千夏ちゃんがブラコンだったり…

あと、なおさんが真琴ちゃんのバストサイズに嫉妬する展開もなかったすね(´_ゝ`)

ふらいんぐうぃっちというアニメは、とにかく、キレイで平和だった。
人生は、こうありたい(気がする)。

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください